LAGUNA MOON MELLOW FLAVOR  LIVE GUITAR  LINK LYRICS



2018年 エッセイ

    感想・ご意見は→ shinya◇shin223.com
    メールをくださる方は、上記アドレスの◇を@に変えて送ってください。(スパムメール対策)


2018.1.9

失われつつある大阪弁

私が子供の頃は、周りに東京弁を
話す人などいなかった。
当時、大阪には四国や中国地方出身の
人はいても、関東の人は
少なかったんだと思う。
特に私が住んでいた、
大阪でも やや田舎な街には。

不思議なほどに大阪の人間は、
東京に対する敵対心というのか、
ライバル意識のようなものが強い。
(たぶん、大阪在住の者だけだけど
思うけど。)
それは、言葉による部分も多いのでは
ないかと分析している。
私の場合だけかもしれないが、
東京弁に引っかかっていたのだ。
(今は引っかからへんよ。)

20代前半の頃、東京の人と
話す機会があった。
その人の「そうなんだぁ」という
言葉が非常に気に障った。
大阪人なら「ほんまぁ」と言う場面で
その人は「そうなんだぁ」と言う。
そう言われる度に
「そうや 言うとるやろ!
何が『そうなんだぁ』や!」
と心の中でいちいち反応していた。
なんで気に障るのかは、
分からんのだけど。

明石家さんまが、東京に進出したあと、
テレビで「そうなんだぁ」と
言い出した時は、とても残念だった。
ダウンタウンの2人もそう。
東京に出てから、言葉がだんだん
変わっていってしまうのだ。

何を隠そうこの私も
東京暮らし23年目に突入し、
自分で自分の言葉を聞きながら
かなり気持ち悪い思いをしている。
今では「大阪弁で喋ろ」と
意識しないと、どうしても
東京弁が混ざってしまう。
ほとんどの単語のアクセントは
大阪弁のままだけど、
「やっちゃった」なんて
平気で言ってしまうのだ。

先日、興味深い 記事 を読んだ。
大阪でも「しちゃう」「やっちゃう」
という言葉が、普通に使われるように
なってきたというのだ。
「しちゃう」「やっちゃう」は、
大阪弁なら「してまう」「やってまう」
と言うところだ。
記事には、大阪人の中には、
「しちゃう」「やっちゃう」を
東京から来た言葉とは知らず、
そこに関西弁の「ねん」を付け、
「しちゃうねん」と言う人たちもいるとある。
そう言われれば、私も
「しちゃうねん」は、
無意識に言っているかも知れない。

大阪人は、東京に対する敵対心というか
ライバル意識が強い、それは東京弁への
抵抗から来ているのではないかと
書いたけど、30~40年に比べ、
東京と大阪の距離がかなり近くなった昨今、
もしかしたら、今の大阪の若者には
私たちが若かった頃の東京への
反発心のようなものは、
薄れていっているのかもしれないな。





2018.3.10

夢をあきらめない

3月は、卒業式のシーズン。
愛知県の70歳の大久保さんという男性が
定時制高校を卒業したニュースを
テレビで観た。

大久保さんは、事業を経営していらしたが、
66歳の時、一線を退き、残りの人生を
どうしようかと考えた時に、
どうしても高校に行きたくなったという。
学歴はどうでも良かったが、
中卒で学力がないために人生で
何度も恥ずかしい、悔しい思いを
してきたのだという。

友達は「今さら、高校に行って
何になる」と言った。
でも、それで諦めてしまえば、そこまで。
どうしても高校に行きたかった
大久保さんは、近所の学習塾に通い、
高校を受験し、見事に合格した。

それから4年経ち、
卒業式に臨む大久保さんの
晴れやかな笑顔は、
言葉で言い表せないほど
美しい人間の姿だった。
年下であろう校長先生(?)から、
卒業証書を授与される70歳の卒業生。
ニュースを見ながら思わず落涙してしまった。

ニュースでは、一部しか紹介されなかった
大久保さんの作文の全文が、NHKのサイトに
アップされていた。
素晴らしいので、ぜひ読んで下さい。

夢をあきらめない 四年生4番 大久保雅弘

年齢のせいになんかでけへんな。





2018.4.10

中国 と 日本

文化とか国民性は、「違い」こそあれ、
本来「優劣」や「善悪」は、ないと思うのだが、
人間は、自動的に「正誤」「善悪」「優劣」の
レッテルを貼ってしまう。
それが、文明を進歩させてきたひとつの
要因だろうとは思うけどね。

全ての中国人がそうではないのだろうが、
日本の報道や実際に目にする中国人には、
日本人(というか私だけど)から見ると、
マナーがない人が多いように思う。
テレビで何度か観た、禁止されている区域での
潮干狩りや釣りなど、きっと日本人にも
やっている人がいるのだろうけど、
日本人に比べ、中国人は、堂々とやっている
(ように見える)ところを観ると彼らは
どうも悪いこととは思っていないかのようだ。

彼らのマナーの悪さは、世界中(?)に知れ渡って
いるようで、数年前イタリアを旅行した際にも
私たちのガイド(日本人)が、順番を守らない
中国人観光客を率いるイタリア人のガイドに
抗議をしたところ、そのガイドが、
(この人達、言うこときかないんです)とでも
言うように両手の平をあげて
「お手上げ」ポーズを取った。

良識のある中国人は、そういう自国民の
態度を「恥ずかしい」と思っているという報道も、
時折 目にするので、そういう人もいるんだなと
いうことが、少しの救いに思える。

そんな中国も最近は、変わってきたようで、
中国メディアが、日本と中国の違いを
書いている記事を読んだ。

日本人はこうやって子どもを育てていた・・・ためになる!
=中国メディア


恨んでばかりいても意味がない!
われわれと日本との間には「シンガポール10個分」
もの差がある!=中国メディア



この記事を書いている「東方網」というメディアが
どれくらいの規模なのか分からないし、
この記事を読む限りでは、
「だから日本をお手本にしよう」とは書いていないし、
これを読んだ中国人が、どう思うのかは分からない。

それでも、こういう記事を読むと、
中国の変化を感じるし、
中国を理解する助けになる。
また、外国からの視点でこそで分かる、
日本が浮き彫りになって興味深い。

どちらの国にも反応的に
相手国に対する嫌悪を露わにする
人たちは少なからずいる。
私もマナーの悪い人を見ると、
反応を露わにこそしないものの
やはり良い気はしない。
そこから先へ進むためには、
やはり、理解が必要だと思う。
と、理性では分かっているけど、
中々出来ないのも人間。
そのためには、自分の反応を知り、
自分が正しいのではないと知ることか。

これは、身近な人間関係でも同じやな。





2018.6.29

サッカーW杯


私は、サッカーファンではない。
今行われている W杯の日本代表選手の
名前だって数人しか知らない程度だ。
だから、試合があるからといって
早く家に帰ってテレビに釘付けに
なるようなこともないし、ましてや
スポーツ・バーで試合を観戦することもない。
そういうレベルの人間だということを
前提に昨夜の試合のことを書く。

昨日は、日本対ポーランドの試合を観た。
23時開始ということで、なんとなく
観始めたら、最後まで観てしまった。
たぶん、人生で最初から最後まで観た
初めてのサッカー試合だったと思う。

で、日本は 0-1 で負けた。
が、決勝トーナメント(以下、決勝T)への
進出を決めた。
決勝Tへ進めるかどうかは、
1次リーグ3試合の総合で決定する仕組みらしい。

日本は、ポーランドに引き分けても、
自力で決勝Tへ進める状態であったようだが、
もし、ポーランドに負けると、
同じ時間に別会場で試合をしていた、
コロンビア対セネガルの試合結果も
日本が決勝Tに進めるかどうかに
大きく関わっていた。
コロンビアがセネガルに勝てば、
日本はポーランドに負けても
決勝トーナメントに進めるという状態で
あったらしい。

日本は後半にポーランドに
1点を取られた。
同点以上を目指す試合なのだから、
最後まで、全力で攻撃に出るものだと
思っていたのだが、日本は後半の終りと、
アディショナルタイムの3分間、
合計約10分間、パスを回して時間を過ごした。
コロンビアがセネガルに1-0で
リードしていたので、そのままコロンビアが
勝つことを見越して(期待して?)の
作戦だったわけだ。

観客からは、ブーイングが上がっていた。
当然だ。
目の前で真剣に戦わない(ように見える)
試合を見せられているのだ。

今日のテレビでは、この日本の戦術に
賛否両論の意見が飛び交っていた。

肯定的な意見はこうだ。
・野球にも「敬遠」があるし、
これは、決勝Tに進むための作戦だから、
なんら非難されることではない。
・(アンフェアだという意見に対して)
ルールの中でやっているのだから、
アンフェアではない。
これは、フェアな戦い方だ。
・攻撃に出ると、弱点も生まれるが、
完璧に守りに徹するのも一つの戦い方だ。
・1次リーグ3試合でひとつの試合だと
考えればこういう作戦も当然「あり」だ。
・何よりも決勝Tに進まなければ、
終わってしまうのだから、決勝Tに進むという
結果を得たのだから、なんら問題がない。

どれも、なるほどね、と思える意見だ。
一方、否定的な意見は、
「最後までベストを尽くすべき」と言った
ピュア(?)なものだった。

決勝T へ進むための、
苦渋の選択だったのは分かる。
選手にとっても監督にとっても
不本意だっただろう。
攻撃に出たことで、ミスを犯し
さらなる失点につながっていれば、
今度は「あのまま何もしなければ、
決勝T に進めたのに」と言うヤツが出てくる。

しかしだ。
私の感想は、ひとこと、
「おもろない」だ。
こんな試合は、観ていておもろない。
ロシアまで行って、こんなもん観せられたら、
たまらんやろうと思う。

お金を取って、客を入れている以上、
エンターテイメントでもあるんやないか。
最後まで諦めない姿に観客は、
感動するんやないか。
それがスポーツマン・シップちゃうか。

決勝T に進むことは、それほど重要なことで
お前は分かっていない、と言われれば
そうかもしれないが、
私は、ベストを尽くして負ける方が、
まだいいと思う。

あと、野球の敬遠とは、一緒に出来ない。
野球では敬遠と引き換えに、
打者を一塁に歩かせるわけだ。
その打者に決勝点を獲られるかもしれない
リスクを負っての敬遠だ。
サッカーのパス回しのリスクは、
試合後の世間の批判ぐらいだろう。

というわけで、別の意味で、
サッカーに熱くなった私でした。







ひとりごと