TOP LAGUNA MOON MELLOW FLAVOR  LIVE GUITAR  LINK LYRICS


 つつみしんやのひとりごと 
    感想・ご意見は→ shinya◇shin223.com
    メールをくださる方は、上記アドレスの◇を@に変えて送ってください。(スパムメール対策)




過去ログ

----------------

不思議な妻

告白と笑える話
07-8 09 10 11
12 13 14 15
16 17 18 19

20 21

Photo Report  
07
 08 09 10

11 12 13 14
15 16 17 18
19 20 21

LIVE&MUSIC
07-8 09 10 11

12 13 14-1 14-2
15 16 17 18
19 20 21

MOVIE&PLAY
07 08 09 10

11 12 13 14
15 16 17 18
19 20 21

ESSAY
07 08 09
 10
11 12 13 14
15 16 17 18
19 20 21

Camera & Photo
1  2  3  4  5
6  7  8  9  10

写真展 1 2 3 4

BOOK 1 2

ENGLISH 1 2

Shop & Restaurant

1  2
  3

音楽活動とギター
07-13 14-15 
16
17 18 19 20
21

落語  13-14  15
16 17 18 19
20-21 

Gogh 1

イタリア旅行 '14
フィリピン旅行 '14
キューバ/メキシコ'18
パリ旅行 ’19

カレー 1
ハンバーグ 1

その他 1 2 3 4

----------------
2021年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2020年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月


2019年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月


2018年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月


2017年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月


2016年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月


2015年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2014年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2013年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2012年

1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11 12月

2011年

1月
 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月


2010年
1月 2月
 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月


2009年
1月 2月
 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2008年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

2007年
6月 7月  8月
9月 10月 11月 12月



2021.7.26

YouTube
そろそろ ソロ・ギター No.12
イーグルス 『時は流れて』
EAGLES "Wasted Time"


自分でいうのもなんやけど、渋い選曲やなぁ~。
"Wasted Time(時は流れて)" 。
言わずと知れた イーグルスの大ヒットアルバム
『ホテル・カリフォルニア』に収録されたバラード。
LPレコードでは、A面のラストで、
B面は、その "Wasted Time" の 切ない
ストリングスによる "Reprise" から始まる。
そして、その感傷を打ち破るようにB面2曲目
"Victim of Love" のロックなイントロへと続くのだ。

アルバムには、"Wasted Time(Reprise)"を
除くと8曲収録されていて、3枚シングル・カットされた。
つまり、A面B面合わせて6曲がシングルに
なったのだけど、この印象的なバラードは、
シングル化されていない。

哀しい切ない失恋ソング。
でも、ちょっと未来も見据えている感じで
絶望的ではない。
原題の "Wasted Time" は、
直訳すると「無駄な時間」となるけど、
「時は流れて」は中々良い邦題だと思う。

イーグルスのオリジナル・ヴァージョンは、
5分近くあるので、短くアレンジしたのだけど、
それでも4分に収まらなかった。
弾けるようになるまで、ずい分と時間がかかったが、
我ながら上手くアレンジできたと思う。
演奏はまだ未熟なところがあるので、
今後も弾き続けて精度を上げたい1曲。

ところで、改めてこの曲のことを調べて知ったのだけど、
ドン・ヘンリーとグレン・フライがフィラデルフィア・ソウルの
影響を受けて作った曲だった。
後半、ストリングスが入ってくるあたりは、
言われればそんな気がしないでもないけど、
あまりにもイーグルス色が強すぎて、
フィリー・ソウルの影響だとは、想像できなかった。

歌詞の終わりだけ訳してみた。

And maybe someday we will find ,
that it wasn't really wasted time

ほんで、いつか僕らは分かるんや。
あれは、ホンマは無駄な時間やなかったってことが。

これだけで、グッとくるよな。

今回は、軽くトレモロを効かせての演奏。
フェイザーも試したのだけど、
ソロギターでフェイザーは難しい。
いつか使いたいねんけど模索中。


イーグルス 『時は流れて』EAGLES "Wasted Time"






2021.7.21

モチモチの木

Kさんは、今年で73歳なのだけど、
小学生の息子が3人いる。
1年生、5年生、6年生の3人。
孫ではない。息子だ。

先日、Kさんが、『モチモチの木』という
絵本の話をしてくれた。
小さな子供がいるので 子供向けの絵本を
知ることも多いそうだ。

『モチモチの木』は、おじいさんと5歳の孫、
豆太(まめた)の話。
ふたりは峠の猟師小屋に住んでいる。
豆太は、夜一人で便所にも行けないほどの
怖がりなのだが、ある夜、豆太が目を覚ますと、
おじいさんが 腹痛で苦しんでいる。
ふもとの村まで医者を呼びに行かねばならないが、
夜中に家の外に出るなんてとんでもない。
さて、臆病者の豆太は、どうするのか・・・。

Kさんの話の上手さもあって、
結末には、思わず泣いてしまった。

ぜひ、その絵本を読んでみたいと思い、購入した。
読んでみたら、やっぱり泣いてしまった。

作者は、斎藤隆介という児童文学作家で、
絵は、滝平(たきだいら)二郎という
版画家・切り絵作家。
お二人とももう故人だ。

この絵本は、ちょうど50年前の1971年に
発行されたもので、私が入手したのは、
中古本だったが、1995年の第113刷だった。
現在も販売されているので、超ロングセラーだ。

力強い切り絵には、なんとなく見覚えがあったのだが、
著者によるあとがきに『ベロ出しチョンマ』という
著者の作品名が出てきて、思い出した。
『ベロ出しチョンマ』の絵も滝平二郎だったのだ。

私が小学3~4年生ぐらいだったと思うが、
国語だったか、道徳だったか定かではないけど
『ベロ出しチョンマ』を授業で読んだ。
教科書に載っていたのではなく、
先生が わら半紙にプリントしてくれたものを
配られて読んだような気がする。
残酷で悲しい話だが、
子供心に何かを感じ取ったんだろう。
私は、授業で読んだその日に帰宅して、
『ベロ出しチョンマ』を母に読んで聞かせた。

読み終えると、母は泣いていた。
まさか、それを読んで大人が泣くなんて
思いもしなかった私には、驚きだったので、
よく覚えている。
と言っても、今日『ベロ出しチョンマ』というタイトルを
目にするまで完全に忘れていたのだけど、
母が泣かなければ、『ベロ出しチョンマ』のことは
記憶に残らなかったかも知れない。

『モチモチの木』にしろ『ベロ出しチョンマ』にしろ
子供は泣くほどには感動しない。
そう考えると、絵本は子供向けと言いながら、
大人のためにあるのかも知れない。
そして、自分たちが心を揺さぶられた絵本を、
子供に読ませたいのが大人なのかも知れないな。

『ベロ出しチョンマ』は、つらい話やけど、
『モチモチの木』はええ話です。








2021.7.18

YouTube
そろそろ ソロ・ギター No.11
ザ・ビートルズ 『サムシング』
The Beatles "Something"


本日アップしたソロギター動画は、
ビートルズの『サムシング』。
ジョージ・ハリスンの曲(1969年)だ。

ビートルズというと、どうしても
レノン&マッカートニーの曲の方が有名で数も多く、
子供の頃は、ジョージの曲は地味な印象だった。
大人になってからというか 年を取ってきてから、
『サムシング』や『ホワイル・マイ・ギター・
ジェントリー・ウィープス』の良さが分かったよ。
ソロになってからの『マイ・スウィート・ロード』も
良いよね。

『サムシング』は、弾いてみると、
コード進行が素晴らしい。
歌詞は、めっちゃラヴソングです。


ザ・ビートルズ 『サムシング』 ソロ・ギター



並べるのは恐ろしいけど、こちらは本家の動画。
The Beatles - Something

ラヴソングだけに 4人の当時の奥さん(彼女?)も
登場するビデオ。
ジョージの相手は、パティ・ボイド。
エリック・クラプトンの『レイラ』
『ワンダフル・トゥナイト』は、
パティのことを歌ったというのは、
有名な話だが、この『サムシング』にも
パティはインスピレーションを与えたという。
名曲の陰に女あり。





2021.7.11

ハンバーグが食べたい! #3
VERITA / 恵比寿

★★★★★


時々ランチを食べに行く VERITA(ベリータ)の
「和風ハンバーグステーキ」。
スープ、サラダ、ライス、ドリンク(コーヒー・
紅茶)が付いて、1,000円(税抜)。
ボリュームもあって満足。



テーブルには、いつもすりゴマの入った缶が出され、
これを サラダにたっぷりかけて食す。
ヘルシーでしょ。
ハンバーグのソースは、大根おろしの入った和風。
お店はトラットリアとなっており、店内にはイタリアの
地図などもディスプレイされているが、
メニューを見ると洋食屋さんという感じ。





2021.7.10

YouTube
つつみしんや そろそろ ソロ・ギター No.10
ザ・ブーム(THE BOOM) 『中央線』


ザ・ブームをよく知っているわけではないのだが、
彼らが『星のラブレター』で出てきた時(1989年)は、
軽快でポップなスカのバンドという印象だった。
その後の『島唄』『風になりたい』などに代表されるように
沖縄や南米などのエッセンスを上手く取り入れて、
世界を広げていった。
宮沢和史さんは、本物のミュージシャンだと思う。
私は、MIYA & YAMI 名義で1994年に
出された『神様の宝石でできた島』という曲が
大好きで、当時カラオケに行くと必ず歌っていたものだ。
その後、この曲は、ザ・ブームとしても、
シングル化されている。

さて、今日 YouTube にアップしたのは、
そんなブームの 『中央線』。
先日、矢野顕子さんのカヴァーを聴いて、
ソロギターで弾きたくなったのだ。
結局、私のアレンジは、矢野さんヴァージョンとは、
全然違うテイストになったけれど。

ソロギターで演奏できるようにアレンジするのは、
上手くアイディアが湧いて、どんどん世界が
広がっていくと楽しい。
だが、全くアイディアが浮かばないものや、
途中でアレンジが頓挫している曲も多い。
結構、何カ月もかかって形になったものもある。
数人の方から、数曲のリクエストを頂いているが、
気長にお待ちいただきたい。
まず、この曲を「弾きたい!」という欲求が
湧かないと取り掛かる気にならないし、
曲に対する愛着が湧かない。
その辺りは、アマチュアなので好きにやりたい。

『中央線』の場合は、アレンジにはそんなに
時間はかからなかったが、通しでミスなく
弾けるようになるまでは相変わらず時間がかかる。
何度やっても、満足はいかないが、
今のレベルでやれることをやるしかない。
そして、YouTube にアップすることで、
ひとつの消化というか、昇華というか、
その曲が自分の中で違うレベルになったような
感覚を覚えている。
だからって、上手く弾けるようになるわけでは
ないのだけど。

ところで、『中央線』の歌詞は難しい。
1番の歌詞では、「君に会いに行くため
電車に飛び乗る」ほどのラブラブな状態なのかと
思うが、2番の歌詞では、「君は猫を
探しに出たまま帰ってこなかった」とある。
そして、どこに住んでいるのかも分からないようなのだ。
なのに、僕は中央線に乗る。
いや、乗らずにはいられないのか。
う~ん、私の乏しい読解力では、理解しきれない。
でも、ええ曲や。


ザ・ブーム(THE BOOM) 『中央線』 ソロ・ギター


ギターは、初登場のイエローの DEVISER Rosetta Vessel。





2021.7.8

ハンバーグが食べたい! #2
MAT COFFEE / 恵比寿(渋谷)

★★★★★


MAT COFFEE のハンバーグ。
4つのソース(デミグラス・ステーキ醤油・
モッツァレラチーズトマト・ベリーサワークリーム)
から選べて、目玉焼きがトッピング。
付け合わせにポテトフライ、ナス、
ブロッコリー、スパゲティが付く。
ドリンク付きで 1,200円。
ライスやパンも別に注文できるけど、
これだけでお腹いっぱいになるよ。



写真、ハンバーグが見えへんやん。





2021.7.7

7月7日

今日は、4月に死んでしもた父の誕生日だ。
生きていれば 91歳になる。

父が死んだことを書いたときに
自分があまり動揺しなかっことを
「父の90歳という年齢、そして、
4ヶ月以上、ゆっくりと心の準備が
出来る時間があったからだと思う」と書いた。

それもあるけど、
あれから3カ月近く経って思うのは、
私は一緒に暮らしていなかったことが、
一番大きいと思う。
一緒に暮らしていれば、昨日そこにいた父が、
いつもそこに座っていた父がいなくなるわけで、
離れて暮らしている者には分からない喪失感や
死に対するリアリティ、寂しさがあるのだと、
一緒に暮らしていた、母や姉を観ていて思ったのでした。

確かに父が生きていた時以上に
この3カ月は父のことを想う時間が多かった。
でも、やはり、離れているということは、
生きているか死んでいるかも分からないと
いうことでもあるわけで、父の死の前と後では
基本的に私の暮らしは変わっていない。
一緒に暮らしていれば、そういうわけにはいくまい。


先日、上田正樹さんのブログを読んでいたら、
誕生日が、7月7日で、リンゴ・スターと
同じだと書いてあった。(もちろん年は違う。)

ググってみると7月7日生まれには、
こんな人たちがいる。
年は、生まれた年ね。

1930年 - ハンク・モブレー、サクソフォーン奏者
1932年 - ジョー・ザヴィヌル、キーボード奏者
1940年 - リンゴ・スター、ミュージシャン
1949年 - 上田正樹、歌手
1953年 - 研ナオコ、歌手
1960年 - 横山剣、歌手(クレイジーケンバンド)
1960年 - 王様、歌手
1978年 - MISIA、歌手

以上は ミュージシャンだが、変わった(?)ところでは

1901年 - 円谷英二、特撮監督
1922年 - ピエール・カルダン、デザイナー
1956年 - 大川隆法、幸福の科学 総裁

なんてい人たちも、七夕生まれ。
私と一字違いの俳優も。

1964年 - 堤真一、俳優

だから何だってことではありません。





2021.7.6

YouTube 視聴回数

6月23日に YouTube の合計視聴回数が、
1,000回を超えたことは、ここに書いた
1日の視聴回数の最高は、
1本目『傷だらけの天使』の初日の178回。
それ以降は、アップした動画全部を合わせても
100回を超えたことはない。
(最高が6月22日の7本合計65回。)

6月26日にそれまでの視聴回数を書いたので、
あれから10日経って、7月6日の
各動画の視聴回数を書いておこう。
「→」の左側が6月26日、右側が7月6日。

5/18『傷だらけの天使』       419回→446回
5/21『やつらの足音のバラード』123回→135回
5/23『For No One』        130回→153回
6/ 1『スローバラード』    163回→198回
6/ 9『潮騒』           119回→137回
6/16『エンドタイトル 』     71回→102回
6/22『Surfer Girl』        67回→94回
6/27『No More Lonely Nights』 0回→48回
7/1『Can't Help Falling In Love』 0回→45回

『No More Lonely Nights』と
『Can't Help Falling In Love』は、6月26日には、
まだアップしていなかったので、関係ないけど、
その他の動画のこの10日間の視聴回数の
順位は次の通りとなる。

1位 『スローバラード』    35回
2位 『エンドタイトル 』   31回
3位 『傷だらけの天使』    27回
3位 『Surfer Girl』       27回
5位 『For No One』       23回
6位 『潮騒』          18回
7位 『やつらの足音のバラード』12回

合計170回。
各動画、1日に1~3回程度だ。
ユーチューバーへの道は遠い。

今日は、ハッシュタグなるものを
各動画に付けてみた。
数字に影響があるかな。


つつみしんや YouTube チャンネル





2021.7.5

恥ずかしい決意

「父への手紙」 「置手紙」に続く、
父の遺品から手紙発見シリーズ。
今回は、私が高校1年生の終わり頃に
何やら「決意」をしたらしい証だ。

--------------------------------------
2年生になったら
一層 勉学にじゅうじし
成績をクラスで5番以内に
することを誓います。
3年生になっても
劣らないことを約束します。
大学は公立、国立をめざし
一層勉学に励みます。
姉にもがんばっていただくことを
誓ってもらいます。
昭和54年3月2日午前1時30分
         堤眞也
--------------------------------------

この頃から、夜更かしだったんだな。
そんなことはさておき、一体、この若者に
何があったんだろうね、この決意を記す直前に。
なんで、姉をも巻き込んでいるのだろうか。
そして、なんだろう、この空回りな決意。

残念ながら「決意」ほど当てにならないものはない。
私はそのことの生き証人だ。
私の高校時代の成績は、2年3年と進むほどに
落ちて行き、3年生の保護者懇談では、
進学のことよりも卒業が大丈夫なのかと
いう話題であった。
もちろん大学へは進学していない。
勉強が出来なかったからではない。
勉強が嫌いだったからだ。
嫌いだったから、成績は悪かった。
これを「出来なかった」というのかも知れない。

これを書いた時かどうかは不明だけど、
夜中に布団の上に正座して、
「真面目に勉強しよう」と思った記憶はある。
そんなに何度もそんなこと、思わないだろうから、
その日にこれを書いたのかも知れない。
ご丁寧に拇印まで押してるぜ。



先にも書いたけど、何でこんなこと思ったんだろうな。
両親に宛てて書いたんだろうけど、
たぶん、翌日にはくじけていたと思う。
それでも楽しく生きてるぜ。
来年、還暦だぁ! 万歳!





2021.7.1

YouTube
つつみしんや そろそろ ソロ・ギター No.9

エルヴィス・プレスリー 『好きにならずにいられない』
Elvis Presley "Can't Help Falling In Love"


直訳すると、
「恋に落ちてまうんを助けられへんねん」
ということだろうが、
「好きにならずにいられない」は、ええ邦題やな。

この曲は、"Love Me Tender" と並んで
エルヴィスの代表的なバラードだ。
調べてみると、1961年のリリースだというから
私の生まれる前の年の曲だ。
多くのアーティストによってカバーされている、
もはやスタンダードやね。

18世紀のフランスで ジャン・ポール・マルティーニ と
いう人が書いた『愛の喜び (Plaisir d'Amour)』と
いう楽曲が元になっていると、ウィキペディアに
書いてあったので、聴いてみたけど、
ほんのちょっと似てる程度で、あんまり
元になっているとは、感じられなかった。
ソングライターは、Hugo Peretti、Luigi Creatore、
George David Weiss となっている。


"Can't Help Falling In Love" ソロギター・カバー






2021.6.27

YouTube
つつみしんや そろそろ ソロ・ギター No.8
Paul McCartney "No More Lonely Nights"


ポール・マッカートニーの1984年のヒット曲
『No More Lonely Nights』をソロギターに
アレンジしてみた。

1984年、22歳の時、短期間だけど
付き合っていた彼女と観に行った唯一の映画
『ヤァ!ブロード・ストリート』
(GIVE MY REGARDS TO BROAD STREET)の
サントラ・アルバム収録曲。
ちょっと甘酸っぱい想い出の曲だ。

この曲、イントロなしで始まるのが良いね。
出だしの歌詞は、
「I can wait another day until I call you」。
「あと一日しか電話すんの我慢でけへんねん」
というのは 私の訳だが、ポールの曲の中でも
私は、大好きな曲で、ソロギターを始めて
すぐに取り組んだ曲だ。
ポールファンの中では、それほど人気の曲では
ないみたいやけど。

この『ヤァ!ブロード・ストリート』というアルバム、
ビートルズ時代の曲から、ウイングス時代の曲まで
ポールが、セルフカバーしており、私は結構好きだ。

ところで、この曲、邦題があるのだけど 誠に ダサい。
「ひとりぼっちのロンリー・ナイト」。

そら「ロンリーナイト」はひとりぼっちやろう、
と突っ込みたくなる。
「lonely」には「さびしい」のほか
「ひとりぼっち」という意味もあるから、
なんか重複してるしな。
残念。


"No More Lonely Nights" ソロギター・カバー



ちなみに前回アップの『サーファー・ガール』と
同じシャツを着ているのは、同じ日に収録したからです。
妻に「同じシャツでやるのやめて!」と言われたので、
「そんなこと誰も興味ないよ」と言ったのだけど、
念のため(何の?)に書いておく。





2021.6.26

祝!
YouTube 視聴回数合計1000回達成!


5月18日に始めた YouTube。
今までに7本の動画(ソロギター演奏)を
アップしたのだが、その7本の視聴回数合計が
6月23日に1,000回を超えた。
現在(26日)の合計は、1,092回。
(そのうち、20~30回は自分だけど。)

内訳は下記の通りだ。(日付はアップした日)

5/18『傷だらけの天使』       419回
5/21『やつらの足音のバラード』 123回
5/23『For No One』        130回
6/ 1『スローバラード』     163回
6/ 9『潮騒』            119回
6/16『エンドタイトル 』      71回
6/22『Surfer Girl』         67回

一番最初にアップした『傷だらけの天使』は、
自分から大勢の人に「YouTube 始めました」という
メッセージを送ったこともあって、ダントツの数字だ。
そのあとは、アップした順に視聴回数が多いのかと
思うとそうではない。
『スローバラード』は、4番目にアップした動画だが、
2番目3番目の動画の視聴回数を超えている。
やはり検索でたどり着いて観て下さる方が
いるということだろうか。

実際にどれくらい再生されているのかという平均が下記。

【平均視聴時間 と 平均再生率】
1. 『スローバラード』   2:13 (51.8%)
2. 『潮騒』        1:14 (44.1%)
3. 『傷だらけの天使』   1:15 (52.3%)
4. 『エンドタイトル 』     1:28 (49.7%)
5. 『サーファー・ガール』  1:18 (38.4%)
6. 『For No One』       1:57 (61.1%)
7. 『やつらの足音のバラード』1:39 (55.9%)

平均視聴時間2分超えは、『スローバラード』のみ。
平均再生率 60% 超えは、『For No One』のみ。
50%超えが、『やつらの足音のバラード』と
『スローバラード』。

まあ、この数字は、色んな見方があると思うので、
特に意味は付けないでおこうと思うけど、
いずれにしろ、数字が伸びるのは嬉しいことだ。

いつ頃だったか覚えていないけど、
たぶん1年ぐらい前にYouTube をやってみようと思った。
思い立ってから、実現するまでにかなり時間を要した。
ソロ・ギターは、2年前にカフェでソロ・ギターの
ライヴを始めたのが、スタートなのだけど、
ある日のライヴで、私が演奏を始めた途端、
一人で来店していたお客さんが席を立って帰った。
ちょうど帰ろうと思っていた時に私が演奏を
始めただけで、そのお客さんが帰ったことと、
私の演奏は関係ないかも知れない。
真実は分からないのだけど、その時はちょっとへこんだ。
帰ってから、録音した自分の演奏を聴いて、
「これでは帰るわな」と思った。
いい演奏かどうかは、始めの数小節を聴けば分かる。
それで、演奏のクオリティを上げようと思った。
ある程度の質で弾けるようになったら、
YouTube に上げようと。

これらの動画で、クオリティが上がったのかと言われると、
つらいのだが、そのお客さんが帰った時に比べれば、
上手くは弾けるようになっている。
まだまだ、改善点はあるけど、OKテイクが撮れるのを
待っていたら、一生アップできないからな。

ところで、YouTube を始めてみて興味深いことがあった。
アップするまでは、自分の演奏にしか興味がなく、
何人の人が観てくれるだろうかとか
考えもしなかったのだが、アップし、視聴回数などの
数字が見られるようになった途端に、
その数字が気になりだしたのだ。
なんか、面白いなぁ。
急にそういうの気になりだすねんな。


つつみしんや YouTube チャンネル





2021.6.25

ハンバーグが食べたい! #1
アラビキダゼ / 恵比寿

★★★★★


新しいコーナーをスタートさせる。
その名も「ハンバーグが食べたい!」
ひねりも何もないタイトルだ。

第1弾は、5月11日に恵比寿にオープンした、
粗挽きハンバーグが売りの「アラビキダゼ」。



ライブで10年以上お世話になっている
原宿バーデイズが 新たに始めた店だ。

オープンした数日後の夜、顔出したものの、
ランチはいつ行っても行列が出来ていた。
11:30なら入れるかなと思って行ったが、
すでに20人ほど並んでいたほどだった。
会社の近くだし、いつでも来れるので、
もう少し落ち着いたらと様子を見ていた。
昨日、12時前に 覗いて見ると
列が4人だったので並んでみることに。



ランチは、ハンバーグ膳のみ。
ハンバーグ膳は、小ぶりなハンバーグ
(90グラム・炭火焼き)が、3個で 1,300円。
最初から3個出てくるのではなく、
食べ終わるころにハンバーグをおかわりするシステム。
「3個までおかわり無料」なんて書いている人も
いるけど、違うと思う。
1,300円は、3個の値段やろ。
4個目からは、プラス300円。
売切れ次第終了です。



生卵が1個サービスで付いてくる。
ハンバーグは十分味付けされてるので、そのままでもOK。
次は卵を付けて、そしてテーブルに置かれた
三種の薬味を付けてと味の変化も楽しめる。
薬味は、「トリュフ塩」「鬼おろしポン酢」
「レモン塩」とあるのだが、「おろしポン酢」との
相性がとてもよろしい。

夜は、ハンバーグ以外の肴もあり。





2021.6.24

カレーはスポーツだ! #15
ポークカレー/たまきんち(恵比寿)
★★★★☆


お店の雰囲気からして、夜は飲み屋さんだと
思うけど、ランチではカレーなどを出している
たまきんち。
見た目のインパクトが大きいポークカレー。
900円。



スプーンで簡単に切れるぐらいまで、
トロトロに煮た大きな豚バラ肉が載っている。
ルーは、ちょっと懐かしい感じの味。
このカレーを食すのは、3度目だと思うが、
以前よりルーがおいしく感じた。



shinya◇shin223.com
メールをくださる方は、上記アドレスの◇を@に変えて送ってください。(スパムメール対策)

 ひとりごと