LAGUNA MOON MELLOW FLAVOR  LIVE GUITAR  LINK LYRICS


 つつみしんやのひとりごと  2022年1月
    感想・ご意見は→ shinya◇shin223.com
    メールをくださる方は、上記アドレスの◇を@に変えて送ってください。(スパムメール対策)   



2022.1.4

新しい年が始まりました。
本年もよろしくお願いいたします。



"SAVE LIVE MUSIC 4"
HIROMI THE PIANO QUINTET
"BACK at the CLUB"




2022年のライヴ鑑賞一発目は、
上原ひろみ ザ・ピアノ・クインテット。

2020年夏、コロナ禍において
ブルーノートを救おうとひろみが始めた
プロジェクト「SAVE LIVE MUSIC」。
最初は、ソロ・ピアノで始まったのだが、
終演後、客席に座ってステージを
見ていて、ピアノクインテットとの共演を
思いついたという。
おそらくそれは、8月か9月のことだと
思うのだが、2020年の年末から
2021年の年始にかけて、ブルーノートで、
ライヴを行った。
その後、レコーディングをし、
全国ツアーを周り、こにブルーノートに
帰ってきたというわけだ。

2020年の年末の初公演
もちろん素晴らしかったのだが、
チェロが、4ビートのベースラインを弾く曲が
あって、その時は、やっぱりクラシックの人には、
4ビートは難しいんだろうな、という
印象を否めなかった。
しかし、昨年12月のオーチャードホールの
演奏を聴いたときに、その印象は覆された。

1年余りにわたり、合計4回、
このクインテットを聴いてきたわけだが、
彼らのこの1年間の進化は、
凄まじいもので、それだけ、
中身の濃い活動であったのだろう。
もう1年前のクインテットではない。

今日は、クラブということで、
ホールでの公演に比べて、
時間も短く、曲数が少なかったのだが、
それでも90分以上あり、
十分に満足のいくライヴだった。

ツアーでは、アンコールで演っていた
デュオ・コーナーは、本編に組み込まれていた。
今日のお相手は、2nd ヴァイオリンの
ビルマン聡平さん。
同じヴァイオリンでも、1st ヴァイオリンの
西江辰郎さんとは、全く違うタイプ。
西江さんの音は、情熱的で激しいのに対し、
ビルマンさんの音は、柔らかく美しい。
デュオの曲は、『Moonlight Sunshine』。

先日終わったツアーでは、この曲を最初から
最後までデュオで演ったのだけど、
今日は、途中からクインテットになった。
ビルマンさんを紹介するときに、
「デュオ」とは言わずに「フューチャーして」と
言ったのはそういうわけだったのだ。

ビルマンさんが、MC でひろみの
「準備」の凄さを話していた。
この曲をデュオではなく、クインテットに
するのだって、編曲をして譜面を用意してと、
相当な準備が必要なわけだが、
観客には、そんなことは分からないし、
分からせる必要もない。

準備が大変なのは、音楽に限ったことでは
ないけれど、改めて、今日の演奏のために
積み重ねられた膨大な練習と準備のことを
思ったのでした。

それと、やっぱりホールで観るより、
クラブで観る方がいいなぁ、と思った。
クラブで、ホールと同じように2時間たっぷり
観られたら、本当に最高なのにな。


[ MEMBERS ]
上原ひろみ(ピアノ)
西江辰郎(ヴァイオリン)
ビルマン聡平(ヴァイオリン)
中 恵菜(ヴィオラ)
向井 航(チェロ)

@ BLUE NOTE TOKYO
2nd show


メニューもひろみとのコラボの特別メニュー。


メニューの表紙の画像





2022.1.5

メンションって何?

いまだに Facebook や Instagram の
しくみがよく分かっていないのだけど、
昨日、私のインスタに通知欄に
「fretking_guitarsが投稿であなたを
メンションしました : Fret-King Country
Squire Semitones De Luxe
@shinya.223 "What Is A Youth"

と表示された。

それは、私が FRETKING というメーカーの
ギターで映画『ロミオとジュリエット』のテーマ
『What Is A Youth』を弾いている動画に
対してだった。
私は、YouTube にアップすると同時に
インスタにも同じ動画をアップするようにしている。
やり始めた頃は、インスタには1分の動画しか
アップできず、演奏は途中で切れていた。
最近は、なぜか最後までアップできるようになった。
その仕組みも分かっていない。

『What Is A Youth』は1分で切れてしまうのだけど、
FRETKING が私の動画を見つけて、
自社のインスタアカウント(か、または
FRETKING のファン?)に関連付けてくれたようだ。
それを「メンション」というようだが、
あんまりよく分からない。
「インスタ メンション」で調べてみたが、
読んでも意味が分からないんだ。
困ったもんだ。

まあ、何にしろ、多くの人が観てくれることに
なるのだろうから、良いことです。

FRETKING は、英国のギター・ベースのブランド。
私のモデルは、セカンドラインの Black Label で、
おそらくは韓国製だと思う。
高級なギターではないけど、なかなかユニークな
ギターで、フロントPUがミニハムというのが
気に入っております。


Instagram fretking_guitars

FRETKING

ソロ・ギター /ロミオとジュリエット "What Is A Youth"


YouTubeの方も地味に試聴回数を伸ばしており、
たぶん今日か明日には、合計1万回を超えるだろう。
チャンネル登録者数もようやく80人になったよ。
曲によって、視聴回数の伸び方が全然違うのは、
興味深い。
例えば、最近であれば天地真理の『水色の恋』の
視聴回数は、その前にアップした5曲を超えている。
1ヶ月半以上も前にアップした曲を抜いているのだ。
とっても不思議だ。
上手く弾けたとか、上手くアレンジできたとか、
私の想いと視聴回数は、全く関係ないのだった。





2022.1.7

飛 蚊 症

飛蚊症。
「ひぶんしょう」と読む。
先日まで知らなかった言葉だ。

大晦日の夜、大阪の実家で食事中、突然
左目の前に糸くずのようなものが見えた。
まつ毛に何か付いているのだろうと、
思って手で取ろうとしたが、全く取れない。

姉が「それ、飛蚊症。私も何度もなった」と言った。
彼女の場合、放っておくと自然に消えるそうで、
しばらくするとまた現れるらしい。
調べてみると、老化現象のひとつで、
眼球の中の硝子体(しょうしたい)に
濁りが出来る結果、視界に浮遊物が映るらしい。

髪の毛が白髪になるように、
心配のない(放っておいてもよい)飛蚊症と
眼球の病気の場合があるらしいので、
念のため、眼科で検査をした方が良いらしい。

出始めた1〜2日は、気になったが、
そのうち慣れてしまった。
今日で一週間になるが、当初より
浮遊物の色が薄くなっていたように感じる。

浮遊物の数が増えたり、視力が落ちてきたりすると
病気のサインかもしれないようだ。
もう少し、様子を見てみよう。

分かりやすい、参天製薬の飛蚊症の説明

飛蚊症 見え方に異常ありませんか?





2022.1.8

吾妻光良&The Swinging Boppers



昨年1月にビルボードライヴで初めてライヴを観て、
あまりに楽しかったので、9月のブルーノート公演も
観に行った「吾妻光良&The Swinging Boppers」。
今年もビルボードライヴ公演に行ってきた。
やっぱりええわぁ、このおっさんたち。

なんやろ、米国の音楽のコピーという感じがしない。
何十年も演ってるとこういう風になるんやろか。
古い英語の曲に日本語歌詞を乗っけたりするのも
オリジナルのように聴こえる。
吾妻さんの声もええ声やし、ギタープレイも良い。

吾妻さんのギターは、最初の数曲は
古い(と思われる)ノンカッタウェイのエピフォン。
メインは前回同様、JERSEY GIRL
HOMEMADE GUITARS。
このギターがかっこいい。

曲は『Things Ain't What They Used To Be』、
『ご機嫌目盛』、『焼肉 アンダー・ザ・ムーンライト』、
『大人はワイン2本まで』、『正しいけどつまらない』、
『150〜300』、『電話にコードがあった頃』、
『正月はワンダフル・タイム』、
『On The Sunny Side Of The Street』など。

今回も楽しかったし、なんというか色んな意味で
このバンドは希望です。
また観たい。


[ 関連エントリー ]
2021.1.10 吾妻光良&The Swinging Boppers
2021.9.25 吾妻光良 & The Swinging Boppers


@Billboard Live TOKYO
2nd show





2022.1.14

"SAVE LIVE MUSIC 4"
HIROMI SOLO "STANDARDS"
[ 配 信 ]


上原ひろみによる、SAVE LIVE MUSIC、
第4弾は、12月30日から昨日(13日)まで
合計12日24公演が行われた。
内容は、ソロピアノによる「ORIGINALS」、
ピアノクインテットによる「BACK at the CLUB」、
ソロピアノによる「SATANDARDS」。

「SATANDARDS」も1日チケットを取っており、
最前列だったにも関わらず、急遽都合が悪くなり
涙を飲んだのだった。
でも、最終日昨日の配信ライヴをアーカイブで
昨夜深夜に鑑賞した。
まあ毎度のことですが、凄いエネルギー、
凄い音楽、凄い技術です。
配信でも迫力たっぷり。

「SATANDARDS」ということだが、
超有名曲は「Softly As In A Morning Sunrise」
ぐらいかな。
あとは「Three Preludes」「Windows」・・・
他は曲名分からず。
アンコールが嬉しかった。
「Lean On Me」。
ちょっと意外。
ジャズのスタンダードではなく、
ビル・ウィザースのヒット曲。
私も大好きな曲でライヴで演奏したこともある。
ひろみが弾くとあんな風になるのか、と
感動と感激でした。

次は、どんなプロジェクトを
演ってくれるんだろうな。


@ Blue Note Tokyo
2nd show





2022.1.16

新年創作の会

昨日は、毎年この時期、妻達が
開催している「新年創作の会」に行ってきた。
今年をどういう風に生きるか、
今年をどんな年にするかを
妻が講演するワークショップ的要素もある
講演会で、もう10数年続いている。
会社にとっても年間を通して最大の
イベントのようだ。

何年前からか、彼女はその年の干支に
ちなんだ話しをするようになった。
今年は寅年。
毎年、この講演会のために、
彼女は相当な準備をしているようで、
干支にひっかけてテーマを
創り出すのは、相当な苦労のようだ。
毎年、知らない話を聴けるが、今年は
トラにちなんだ面白い話も聞けた。

ゲストに妻の本の出版社(光文社)の
森岡さんと、マイケル・ジャクソンの
バックダンサーだったユーコ・スミダ・ジャクソンさん。
日本人として、マイケルのバックで踊ったのは、
彼女ただひとり。
マイケルの PV はもちろん、プリンスの PV にも
出演しているし、ベイビーフェイスの
ワールドツアーにも参加している。
話しには聞いていたけれど、独特のオーラで、
とても日本人には見えない。
ひと言でいうとカッコ良すぎ。
直接、ご挨拶もさせて頂いたが、とても気さくな
感じで、勢いで私の YouTube チャンネルを
渡してしまった(汗)。
(名前に「ジャクソン」が付いているのは、
マイケルとは関係なく、MOTOWN RECORDS の
CEO ジョージ・ジャクソン と結婚していたから。)

いつものことではあるけど、このイベントに
もの凄く多くのスタッフが関わっている。
昨日は、コロナ感染予防対策のため、
客席ごとの距離を離しており、
人数も制限していたけれど、
開場前から本番中のスタッフ達の動きを見ていて、
改めて多くの人々に支えられ、イベントが
安全に開催・進行していることに感動を覚えた。

来週は名古屋、再来週は東京で
オンライン配信による開催が予定されている。







ひとりごと