ひとりごとLAGUNA MOONMELLOW FLAVOR LIVE  LINK LYRICS

 つつみしんやのギター達    
ここは私の愛器を紹介するマニア向けのページです。   2018.6.5 up

一時は、20本ぐらいあったのだが、少し減りました。
  ↓
 さよならしたギター達 

Electric Guitar / solid
 

DEVISER - ROSETTA VESSEL SOAPBAR  SN/0169

ずっとP−90タイプのピックアップのギターが欲しくて、レスポールにするか
テレタイプにするか、はたまたYAMAHAのREVSTER のするかと
しょっちゅう脳内ショッピングをしていた。
DEVISER の ROSETTA VESSEL は、弾いたことはなかったけど、10年以上
前だろうか雑誌の広告で何度か見たことはあって、いつか欲しいなぐらいに
思っていたら、そのうちに製造が終わってしまった。
2018/5/24、、デジマート内の愛知県の Webショップで発見したので、
迷ったけど「えい!」と。
2000年代の製造と思われる中古品だ。
ROSETTA VESSEL は、あんまりたくさん作られなかったのか、
中古の流通量も少ない。
販売サイトには「マホガニーボディ、マホガニーネック、ローズ指板仕様」と
記されていた。確かにマホガニートップのモデルも存在するようだが、
こいつは、バックはマホガニー、トップはスプルースだ。
そして指板はローズではなく、エボニ―だ。
ピックアップは、CREWS VEGAS 搭載という記事も目にしたが、確かではない。
大きな傷もなく、フレットも9割残っている。
(あんまり意味が分からない)指板再度のスキャロップ加工、
ネックジョイント部のヒールレス加工、サイドポジションマークは蓄光素材など
各所にアイディアが活かされているが、何よりも軽いのが嬉しい。
家の体重計で測ると2.7kg。(2018.6.1) 

ピックアップ・カバーをアイボリー(SCUD-PC-SBI)に変更。(2018.6.5)

J.W.Black Guitars JWB-JP-T  SN/170039

2017/7/13、G'CLUB 渋谷 にて購入。
1本は良いテレキャスターを欲しいと思っていて Suhr のテレと迷った末に購入。
決め手は、Made in Japan なので USA製に比べ安かったのと、何と言っても
山下達郎氏のブラウンのテレを思い起こさせる見た目。
厳密には、達郎氏のモノは塗りつぶしのブラウンで木目は見えないけど、
これは、ウォルナットという色のようで 木目が透けて見える。
それと、ここんとこ JWB のBigsby付テレキャスターをメインにしている、
BILL FRISELL の影響もあり。
特にフロントの音が太くて気に入った。
シリアルナンバーは、2017年の39本目という意味かな? (2017.7.13)

[Spec]
Body: Ash
Body Finish: Lacquer
Neck: Maple
Neck Finish: Lacquer
Finderboard: Rosewood
Tuners: Staggered Vintage
Pickups: Original
Switch: 3 Way
Controls: Master Volume,Master Tone
Case: MONO

 
 

ERNIE BALL MUSIC MAN StingRay Guitar

SN/G76200

2016/12/23、ライヴの日、リハーサルのあと本番までの間に
お茶の水へ行き、試奏だけのつもりだったが、その場で購入。
衝動買いではなく、何日も前からデジマートで
チェックしており、3日前に買うつもりで その楽器店へ
行ったのだが、その日は閉店時間に間に合わなかった。
購入後、サウンドチェックもなしでいきなり本番で使用。
思った以上にええ感じで大変お気に入り。(2016.12.23)

[Specifications] StingRay
Size : 14-1/16" wide, 1-5/8" thick, 39-1/4" long
   (35.7 cm wide, 4.1 cm thick, 99.7 cm long)
Weight : 7 lbs, 15 oz (3.6 kg) - varies slightly
Body Wood : African mahogany
Body Finish : High gloss polyester
Body Color : Ivory White
Bridge : Music ManR Modern tremolo
    with vintage bent steel saddles
Pickguard : Mint
Scale Length : 25-1/2" (64.8 cm)
Neck Radius : 10" (25.4 cm)
Headstock Size : 6-3/8" (16.2 cm) long
Frets : 22 - High profile, medium width, Stainless Steel
Neck Width : 1-5/8" (41.3 mm) at nut,
       2-1/4" (56.9 mm) at last fret
Neck Wood : Select maple neck
Fingerboard : Select Maple
Fret Markers : 1/4" Black or White Face dots
Neck Finish : Ultra-light satin polyurethane finish
Neck Colors : Natural aged yellow finish
Tuning Machines : Schaller M6-IND locking
Truss Rod : Adjustable - no component or string removal
Neck Attachment : 5 bolts - perfect alignment
          with no shifting; Sculpted neck joint allows
          smooth access to higher frets
Electronic Shielding : Chrome plated aluminum control cover
Controls : 500kohm volume and tone - .022μF tone capacitor
Switching : 3-way toggle pickup selector
Pickups : HH - 2 Music ManR custom wound humbucking
     with chrome covers
 

Fender Custom Shop  Char Signature Model "Charizma"
SN/CHAR165
200本限定のチャー・モデル。
2011年8月に ZICCA (Charの事務所) に予約。
予約を申し込んだときは、キャンセル待ちだったが、その後、権利を獲得。
2012年4月7日ようやく手元に届いた。
楽器店ではなく、ZICCAで購入したので、特製ギグ・バッグと、
Char自身がこの個体を弾くという特典映像DVDもついてきた。
過去に数本、Fender USA は所持したことがあるが、カスタム・ショップは初。
結構、軽く、調整(ZICCAによる)も良く、弾きやすい。
3フレットと5フレットのポジション・マークが良い。

色は、銀煤竹(ぎんすすだけ) という日本の伝統色。
(2012.4.7)
St Blues
St Blues BLUESMASTER
  SN/35203
1985年12月New York の楽器店にて購入。
これは、日本には輸入されていない(と思う)。
でも、USAの楽器Showのレポートで写真は見たことがあって、
いいなあ、と思っていた。
購入前か後か失念したが、80年代、Eric Claptonがこのメーカーの
ギターを誉めていたインタビュー記事を読んだ覚えもある。
St Bluesのウェブサイトには確かにSt Bluesを弾くEricが映っている。
メーカーについて詳しいことは、分からないが、どうも1989年に一度、
閉めたようで、2006年に復活したようだ。
ヘッドには、「S&T Workshop, Memphis, TN」と書かれている。
「S&T」とは、Memphisの「Strings&Things」という有名な楽器店らしい。
なんでもJeff Beckが、Blow by Blowのジャケットで抱えている
レスポールを買った店らしい。
ボリューム、トーンノブを引っ張るとそれぞれ、フロント、リアの
ピックアップの音が太くなる。(タップって言うのかな。)

エフェクターなど使わずにアンプ直で弾きたい1本である。
時々活躍。けっこうお気に入り。
(2007.9.11)


訂正:ボリューム、トーンノブを引っ張ると音が細くなるの間違い。
   出力が25%カットされるようだ。

2008年6月、日本での販売が開始されたようだ。
輸入している会社(株式会社フックアップ)のサイトSt Blues について
日本語で解説されている。
そこには、St Blues の創始者のTom Kecklerは、Schecter を作ったひとりだ
とか興味深いことが書かれている。(2008.8.16)


上記フックアップのリンクが切れており、調べてみると
フックアップによる St. Blues の取り扱いは終了したようだ。(2014.10.6)


2018年3月、リフレット。(2018.3.21)

Moon ST

Moon ST 1983 

1983/6/26 購入。
大阪心斎橋のYAMAHAでひと目惚れ。
ボディ、ネックはウォルナット、フィンガーボードはエボニー。
ボディは1ピースで木目の芯が通っている。
こんなのは他で見たことない。しかもトラ目。
トラ目は購入時はなかったような気がする。
経年で出てくることってあるのかな。
品番も何も書かれてないが、確かST-195だったと思う。
アッセンブリーはシェクター。
いわゆるJeff Beckタイプ。
こいつとは、ホントにたくさんのステージを演ってきた。
20代の頃のメインギターでした。
ちょっと重たいのが玉に瑕。
(2007.8.20)
 
Ibanez Talman TC530  SN/F423963

2016/4/4、ネット・オークションで中古品を購入。Made in Japan。
Talman は、その形状に惹かれ、以前から1本は欲しいと思っていた。
オークションの出品者によるとこの個体は、1994年製で(薄いグリーンに
見えるが)ペイルブルーという色だそうだ。
ペイルブルーは、当時の輸出用カラーで国内カタログには、未掲載だった。
Ibanez の1994年のアメリカのカタログには、確かにTC530のPB
(paleblueと思われる)が載っているが、これよりもっと青い。
1994年の国内カタログによると、価格は45,000円ということだが、
それにしては、ネックにバーズアイ・メイプルらしき木が使われている。
ボディは、レゾンキャスト。PUは、ケント・アームストロングが制作した
Skyと名付けられたリップスティック・ピックアップ。
シリアル・ナンバーの頭の「F」は、もしかしたらフジゲンかな。
現行のTalmanは、アメリカではカッコ良いモデルが売られているが、
それらは、残念ながら今のところ国内では流通していない。(2016.4.7)

2016年4月下旬から5月にかけて、国内でも Talman Prestige として
3モデルが発売された。185,000〜205,000円(税抜)。(2016.11.19)


Electric Guitar / full acoustic & semi acoustic

Sadowsky Semi-Hollow Model  SN/A1044
2013/3/22、東京渋谷のウォーキンで購入。
ロジャー・サドウスキー・プロデュースによる Made in Japan。
2012年製。
幅14.75インチとやや小ぶりなボディは、プレス成形の
5プライ・メイプル材を用い、内部には橋脚状のスプルース製
センターブロックがインストールされている。
非常に美しい木目で、カラーは、タバコ・バースト。
セミアコは、これが4本目だが、ようやくの納得の1本。
(2013.3.29)

Byrdland
Gibson Historic Collection Byrdland Florentine
SN/22339001
2009/10/27 お茶の水 G-CLUB で購入。
2009年製、新品。
初めてのGibson。ずっと欲しかった Byrdland。
円高のおかげで安くなっていたもののやはり高価。
ちょっとネチョとした音色がたまらんな。
ナマ音も良い。
バックの激トラ。
(2009.10.28)


Acoustic & Ele-Acoustic
 Martin 000C Nylon
Martin 000C Nylon  SN/1986374
2016/6/4 御茶ノ水クロサワ楽器 Dr.Sound で購入。
Crews EG-1500C より、スケールが長く、ボディの体積もある。
その分、音に張りがあるように感じる。
2016年製。
Made in Nazareth, PA USA of materials sourced around the world
.
[SPECS]
Top:Solid Sitka Spruce
Top Bracing Pattern:Unique(A-Frame)"X"Brace System
Back Material:Solid Sapele
Side Material:Solid Sapele
Neck Material:Select Hardwood
Neck Shape:Low Profile
Fingerboard Material:Black Richtite
Scale Length:26.44"(671.5mm)
Fingerboard Width at Nut:1-7/8"(47.6mm)
Finish Top:Polished Gloss
Finish Back&Sides:Satin
Bridge Material:Black Richtite
Tuning Machine:Gotoh Brass Classic w/Pearloid Buttons
Electronics:Fishman F-1 Analog
Case:331 Hardshell
(2016.6.4)
Suzuki Guitar


鈴木バイオリン製造株式会社 第33-R号
1993〜94年頃、大阪南港でのフリーマーケットで購入。
確か2,000円だったような気がする。
ペグ(糸巻き)が錆付いていて自分で交換したが、
そのペグが2,800円とかでギター本体より高くついたような記憶がある。

このギターのポイントは、なんといってもJISマーク。
JISマークのついたギターなんて他で見たことない。
何年製か分からないけど、40年くらいは経ってそう。
正に Japanese Vintage だ。
これでも、LIVEで使ったこともある。
ギター1本のコーナーで。
(2007.8.30)

YASUMA MODEL No.1600
私が小学5年生の時(1973年)に、初めて買ったギター。
大阪・心斎橋のヤマハか三木楽器で、確か、1万円ぐらいだったと思う。
お年玉を貯めて買ったような気がするが、親に買ってもらったのかもしれない。
マーティンのOOOタイプのコピーだ。
今では、滅多に弾かないが、1本目のギターということで愛着がある。

「YASUMA」 について調べてみると、
安間公彦さんという方が、昭和24年に設立されたブランドで、
「当時はギターの『三大メーカー3Y』としてヤマハとも肩を並べる会社だった。」
という記述を見つけた。
「3Y」 という言葉は初めて見たが、3つめはヤイリだろうか。
安間さんは、昭和57年に退社され、螺鈿(らでん)工芸の道へ進まれたそうだ。

(2008.10.12)

ヤスマ楽器のウェブサイトを発見!
このモデルもカタログに載っている! (2013.9.4)


YAMAHA SLG100N
2005/6/19購入。
エレガット・タイプのサイレントギター。
サイレントギターは、日本の住宅事情を考慮して、開発されたギターで
共鳴胴がないので、生音が小さい。
アンプにつなぐことも出来るし、ヘッドフォンでのモニターも可能だ。
元々は、練習用に開発されたのかも知れないが、リー・リトナーなどプロの
人達が、ステージでも使い出した。何より、ハウリングがないのが良い。
現行品 (SLG-110N) は、フィンガーレスト (指置き) が付いているが、
私が購入した頃のものには、付いていなかったので、部品を取り寄せ、
自分で付けた。
軽くて持ち歩きも楽で、音も良い。
このモデルはクラシックギターより、指板幅が50mmmとやや狭いのだが、
欲を言えば、私としては、45mmぐらいの モデルが欲しい。
(2011.7.31)


Others


Sadowsky MV4  S/N M7049
2014/3/31、消費税5%最後の日に渋谷の石橋楽器店で購入。
日本製の METRO SERIES。
見た目が タル・ウィルケンフェルトが使用する NYC モデルっぽく、
パッシヴ、アクティヴの切り替えも出来る点が気に入った。
ピックアップ、プリアンプ、ブリッジは、NYC のスタンダードモデルと
同じものを使用してるとのこと。
ベースは、そんなにたくさん弾かないけれど、1本は良いのが欲しかった。
(2014.3.31)

[SPECIFICATIONS]
Body : Ash
Body Shape : Dinky
Neck : Maple
Fingerboard : Maple, Trussrod Nut : Spokewheel Nut
Pickups : Sadowsky Humcancelling J
Preamp : Sadowsky Standard Bass Preamp
Control : Master Vol / P.U.Pan / Passive Roll Off Tone
(w/Pull Switch for Preamp Bypass) / Treble & Bass



YAMAHA Guitalele GL-1
2003年、中古品をネットオークションで入手。
名前から想像がつくように ギターとウクレレを合わせたような楽器だ。
大きさは、ちょっと大きめのウクレレ程度、弦は、ナイロン弦で6本。
チューニングは、ギターの5フレットにカポをつけたのと同じ。
ウクレレだと弦が4本で物足りないが、これだとギターと同じように弾ける。
スケールが短いのでフレットの幅が狭く、やや弾きにくいが、
ポロポロと爪弾くと、なんとも良い感じ。
現在は生産中止のようだ。
Made in Indonesia
(2008.10.12)


Applause AA 10  SN/7063366
1998年、トラベルギターが欲しくて購入。
実際、こいつは、小淵沢や沖縄にまで連れて行ったことがある。
Applause は、Ovation のカジュアルラインに位置するブランド。
バックには Ovation と同じようにグラスファイバー樹脂が使われている。
Made in Korea
(2008.10.12


Ibanez UEW20SME  SN/2Y-04 GS141000015
2015年1月、楽天のポイントが2万円ぐらい貯まったので、
何がいいかなと探してて見つけた アイバニーズのエレアコ・ウクレレ。
同じモデル5〜6本の中から、一番、木目の気に入ったものを選んだ。
ボディは、スポルテッドメイプル。ゴールドパーツにバインディング、
チューナー付きのカッタウェイ。おまけにスポルテッドメイプルの
マッチングヘッドという仕様。
カタログ価格は25,000円だが、新春大特価ということで、
16,000円ほどで入手。
バックのトラ目も素晴しい。お値段以上な感じ。

Mahogany neck
Spalted Maple top, back & side body
Rosewood fingerboard
Rosewood bridge
Ibanez Under Saddle pick up
Ibanez UK300-T preamp w/Onboard tuner
Gold GroverR tuning machines
Abalone rosette
2014年製 Made in China (2015.1.19)
 

Amps

AER BingoU
2005/6/21購入。
アコースティック用アンプ。
でも、エレアコ用としてではなく、フルアコ 用アンプとして、
ポリトーンと迷った挙句購入した。
エレアコ、フルアコ両方に使える上、2ch あり マイクも使え、
リバーヴも搭載、しかも 10kg を切る重さ、
電車でも持ち運べる大きさで、ライヴやイベントで数回使用。
ただ、ソリッド・ギターを歪ませたりするのは合わない。
Made in Germany

(2011.2.27)


Fender Deluxe Reverb
2011/2/22購入。
20代のときに知人から中古で譲ってもらった Deluxe Reverb
持っていたことがある。
当時は、運搬の事情もあり、いつもライヴハウスにあるアンプを
使っていたので、結局ほとんど使わずに人に譲った。
でもやっぱり、いいよね。Fender アンプ。
実は、夜中に酔っ払った勢いで、ネットで注文していて、翌日、
冷っとしたが、まあええか、ということにした。
直輸入品なので、アップトランスも購入。
(2011.3.21)




ROLAND CUBE 40XL
2011/2/28購入。
アンプのない場所でのちょっとした音合わせ用が必要になり、購入。
23,800円だったが、この値段で この音+この機能は、めちゃ安い!
テクノロジーの進歩にホンマに驚かされる。
(2011.3.21)






AAD by Phil Jones "CUB"
2012/1/15 購入。
元々は、ベースアンプのメーカーが出した、アコギ用アンプ。
1ヶ月の間に2回続けて、ライヴでこのアンプの音を聞き、購入を決意。
1回目は、エレアコ (マーティン) で、2回目は、セミアコ (ギブソン)で。
小さくて軽いのだが、見かけからは想像できない音が出る。
唯一、リヴァーブが装備されていないのが残念だが、値段もお手ごろ
なので、文句は言えない。
定価(税込)73,290円だが、新品を39,800円でゲット!
2011年で生産は終了したようだ。
(2012.1.18)



ひとりごとLAGUNA MOONMELLOW FLAVOR LIVE  LINK LYRICS このページのトップに戻る