LAGUNA MOON MELLOW FLAVOR  LIVE GUITAR  LINK LYRICS



落語 2020年
    感想・ご意見は→ shinya◇shin223.com
    メールをくださる方は、上記アドレスの◇を@に変えて送ってください。(スパムメール対策)


2020.2.10

志の輔らくご
〜PARCO劇場こけら落とし〜




渋谷のPARCO劇場が建替えのために
休館したのは、2016年8月7日だというから、
3年半も前だったのだな。
時の流れの速さに、毎度のことながらびっくり。
そのPARCO劇場が新しくなり、
1月24日にこけら落としとして
「志の輔らくご」が始まった。
1月24日 〜 2月20日の全20公演。
PARCO劇場公演を毎年開催していた
志の輔師匠が選ばれたのは、
当然な事かもしれないが、
芝居のための劇場のこけら落としが
舞台に一人きりの落語というのも面白い。
と、思っていたら志の輔師匠は、
そのわけを、いきなり大勢の劇団が出ると
何が起こるか分からないから、
一番被害の少ない落語にしたんだろうと
冗談を言っていたけど、そういう面も
無きにしも非ずかもな。

何度公演カレンダーを見ると、
今日は14日目だと思うのだが、
志の輔師匠は、13日目と言っていたのが
気になるなぁ。

劇場の客席数は、458席から636席に
増えたので、劇場自体がひと回り
大きくなったということだろう。
客席がゆったりめで、後ろから3列目
だったけど、とても観易かった。
良い劇場だと思う。



オープニングは、「こけら落とし」には
付きものだというお祝いの舞を
師匠自らが踊られた。

そして、プログラムに「こけら落としの一席」と
書かれていたのは「ぞろぞろ」。
神様が登場する古典落語だ。
劇場の新しい神棚のマクラから、
流れるように入っていった。

「ぞろぞろ」が終わると、
一旦、暗転しビデオが流れる。
師匠の20年間のパルコ公演のハイライトが流れ、
高座に上がった51(52だったかな?)席が、
テロップで流れた。

そして、2席目は「メルシーひな祭り」。
これは、以前に「メルシー!おもてなし」
として、中井貴一の主演の舞台を
観たこともあるが、演劇向きな噺だ。

休憩を挟んで「おめでたい一席」として
「新・八五郎出世」。
私は、この噺は4回目だったが、
なんとパルコ劇場では一度も高座に
上げたことがなかったのだという。

終わってみると(休憩を入れて)
2時間45分ほど。
完全なる「志の輔ワールド」で、
もう落語を超えたと思うね。
素晴らしくてとっても満足です。


[ 演 目 ]
「ぞろぞろ」 立川志の輔
「メルシーひな祭り」 立川志の輔
〜 仲入り 〜
「新・八五郎出世」 立川志の輔

@ PARCO劇場


 








ひとりごと