LAGUNA MOON MELLOW FLAVOR  LIVE GUITAR  LINK LYRICS



その他 3
    感想・ご意見は→ shinya◇shin223.com
    メールをくださる方は、上記アドレスの◇を@に変えて送ってください。(スパムメール対策)


2015.5.28

思いの強さ

俳優の今井雅之が、今日未明、亡くなった。

先月末、記者会見の様子をテレビで
観たとき、痩せて別人のようになった
姿に驚いたのだが、こんなに早くに
逝ってしまうとは、思えなかった。

享年 54歳。

私は、来年で54歳なので、
より身近に感じてしまう。

先月の記者会見の様子を今日も
テレビで観た。

彼の言葉が印象に残った。

「好きな言葉に
『夢は叶う、思いが強ければ』と
いうのがあるんですけど、
思いが弱かったんでしょうね。
どこかで甘えていたんだと思います。」

私のような人間は、「思いが強ければ、
何でも叶うわけじゃない」と冷めたことを
言ってしまいそうだが、彼は違った。

思いが強くても叶わないことがあるのではない。
それは、思いが弱いのだ、と。

合掌





2015.5.31

地震の影響

昨夜20時34分の気象庁発表。

30日20時24分頃地震がありました。
震源地は小笠原諸島西方沖(北緯27.9度、
東経140.8度)で、震源の深さは約590km、
地震の規模(マグニチュード)は 8.5と推定されます。


私はその時間、ブルーノート東京で、
John Scofield のライヴを楽しんでいた。
演奏中に揺れを感じたのだが、
ブルーノートは、地下2階にあるためか、
さほど大きな揺れには感じなかった。
特に混乱はなく、演奏の中断もなかった。

とはいうもの、天井から吊り下げられた、
たくさんの照明器具やスピーカーが、
ユラユラ揺れている図は、
あまり気持ちの良いものではない。

昨日は、特に外国人のお客さんが、
多いように見えたが、地震に慣れていない
国から来た外国人は、どう感じたんだろう。
東京に住む人は、あの程度の地震では、
驚かないだろうけど。

さて、ライヴが終わった頃には、
地震のことなどすっかり忘れていた。
いつもと変わったこともなく、
表参道駅から地下鉄銀座線に乗った。

渋谷で、JR山手線に乗り換えようと
ホームに上がってみると、
なんとなく様子が違う。

そこで、初めて多くの路線が運行を
見合わせていることを知った。

その時点で、22時を過ぎていた。
地震発生から、1時間半以上経っていたのだ。

私が感じたのは、それほどの揺れでは
なかっただけに、1時間半経っても
鉄道が復旧していないことに驚いた。

仕方なく、タクシーで帰ろうと
タクシー乗り場に行くと、当然長蛇の列。
50分ぐらい並んだだろうか。
ようやく乗ることができた。

山手線の運転再開は、23時15分だったようで、
私がタクシーに乗ることができた
直後だったようだ。微妙。

線路沿いを歩く人たちを多く見かけた。
きっと、歩いて帰ることにしたのだろう。

私も渋谷からなら、歩いたことがある。
確か2時間ぐらいだった。
その時は、運動のつもりで歩いたんやけどね。

報道を見ると、
「地震直後、関東地方のビルなどで
最大約6000台が停止した」とある。
六本木ヒルズや横浜ランドマークタワーなど
一時、高層階に取り残された人も
多くいたようだ。

JRは、山の手線だけではなく、
東海道新幹線ほか、いくつかの在来線も
一時運転を見合わせていたようで、
結構な混乱だったようだ。

私が乗ったタクシーの運転手とは、
お互いが持っている情報の交換のあと、
4年前の東日本大震災の日の話になった。

運転手さんは、あの日、静岡に帰ろうとする
お客さんに「東京駅まで」と言われた。
もちろん新幹線は不通だったので、
結局、静岡まで走ったらしい。
高速道路は、閉鎖されていた上、
一般道はひどい渋滞だ。

16時頃に出発し、厚木からは高速道路に
乗れたらしいが、静岡についたのは、
23時を過ぎていたということだ。

タクシーの場合、運転手さんは、
戻ってこなあかんから、大変やろな。





2015.6.1

THE EYES OF A CHILD

フランスのある団体が、社会実験を行った。
画面に映った人が変な顔をするのを
親子で真似をしてください、というものだ。

子供は、幼稚園児から小学校低学年ぐらいだろう。
親子の間には、パーテイションを置いて、
互いの顔は見えないようになっている。

親も子も変な顔をして楽しんでいるように
見えるが、途中で親たちは変な顔の真似をやめ、
表情が固まってしまう。
子供は、あい変わらず変な顔を真似ている。

その動画をご覧下さい。(1分56秒)
THE EYES OF A CHILD


親たちの表情が変わったのは、
画面に映る変な顔の主が、
障害者に変わったからだ。

最後にメッセージが出る。

LET'S SEE THE DIFFERENCE
WITH THE EYES OF A CHILD.

障害者に対して、偏見を持たないでと
いうことなのだろうが、
良識のある大人は皆あそこで、
止まってしまうだろう。
って、いう考えが、すでに偏見なのだろうか?
これは、難しいなぁ。





2015.6.7

マクラ営業

銀座のクラブのママと男性客が、
約7年間、肉体関係をもった。
男性客の妻が「精神的苦痛を受けた」と
ママに慰謝料400万円を求めた裁判があった。
昨年4月に判決が出たその裁判のことが
今頃になって、取り上げられている。

東京地裁の出した判決は、
クラブのママの行為は「マクラ営業」であって
その妻に対する不法行為にはならず、
ママは慰謝料を払わなくてもよい、
というものだった。

異例の判決内容が、弁護士たちの間で
話題となり、メディアが取り上げるように
なったようだ。

いくつかの記事を読むと
裁判では、「不倫」か「マクラ営業」かという
論点が重要だったように読み取れる。
例えば、ソープランドなら、
客の性欲処理を商売として応じているだけなので
妻が精神的苦痛を受けたとしても、
妻に対する関係で不法行為にあたるものではない、
ということになるらしい。
同様に ママが男性客と関係を持ったのも、
「営業」の一環だという解釈だったわけだ。
一度きりならまだしも、7年も関係が続いたとなると、
営業と呼ぶ以上に、特別な感情が
あったんちゃうか(つまり不倫関係)とも
推測されるけど、裁判官は、
不法行為にあたらないということは、
慰謝料を払わなくてもよいという判断を下した。

この判決の内容も驚きといえば驚きだが、
私には「妻が夫ではなく、クラブのママを
訴えたこと」の方が驚きだった。

夫婦関係においては、妻が精神的苦痛を
受けたのは、夫の行為だろう。
もちろん、ママという相手がいてのことだが、
私の感覚からいえば、これは夫婦の問題で、
ママは関係ないように思うのだが、どうだろう。

ただ、過去には「他方の配偶者の夫又は
妻としての権利を侵害し、その行為は違法性を帯び、
他方の配偶者の被った精神上の苦痛を
慰謝すべき義務がある」とした判例もあるようだ。
不倫する際には、相手の配偶者から
慰謝料を請求されるリスクがあるということか。

いずれにしろ、妻が夫を訴えるのなら、
私は分かるのだけど、ママを訴えるというのは、
何かみっともなく見えてしまうのは
私の感覚が偏っているのだろうか。

もし、妻がママではなく、夫を訴えていたら、
夫の行為は「営業」ではないので、
判決の内容も変わったようだ。

慰謝料の請求は、どうかと思うのだが、
夫に何度頼んでも ママと別れてくれない場合は、
妻がママに直接モノを言うのはありだと思う。

そんなシーンは映画でもあるよね。
妻が、愛人のところに乗り込んでくるような場面。
さすがにママの方もそんな修羅場になれば、
別れようと決意するかも知れない。
関係が「恋愛」ではなく「マクラ営業」であれば、
なおさらね。
ただ、手切れ金払わなあかんかも知れんけど。


参考記事 1
参考記事 2
参考記事 3





2015.7.30

初めての税務調査


昨日今日と2日間、会社へ税務署から調査官が来て、
税務調査があった。

15年前に前職で初めて経理を担当した時から、
会社には3〜4年に1回ぐらい、税務調査があるというのは、
税理士に聞かされていたが、その会社で5年、
今の会社で10年、合計15年の経歴で
初めてのことだった。

税務署が調査に来ると聞いて、喜ぶ経営者、
経理担当者は、あんまりいないだろう。
というのも、税務調査は会社が正しい申告を
しているかどうかを調べるのが目的で、
場合によっては、修正申告を強いられ、
追加で納税しなければならないこともあるからだ。

どんな人が来るのだろう、不愛想な、細かい、
厳しい人だったらイヤやなと思いながら、
なんとなく、そういう嫌な人は来ないような
予感がしていた

蓋を開けてみると、割と愛想の良い、
よくしゃべる、どちらかというと親しみを持てる、
私と同年代ぐらいの男性で、
まず、第一印象で ほっとした。

といっても、先方は遊びに来ているのではない。
やっぱり見るところは、しっかり見ていて、
キッチリと間違った計上をしてた部分を指摘された。
そんなに大きな金額ではないので、
大したことではないけど。

2日間、10時から16時まで、お昼休みを1時間ほど
挟んで、合計10時間の調査。
人生初の税務調査は、無事に終わったのであった。
あとは、調査結果で何を言われるかやね。





2015.8.12

明日から、妻の実家山形へ行ってきますので
数日、お休みします。




2015.10.13

五反田 通り魔事件

今朝 11時ごろ、私のいるオフィスから
ほんの100メートルほどの距離の路上で
タクシー待ちをしていた男性が、突然、
後ろから男に刃物で背中を刺された。

犯人(33歳)は、すぐに捕まったようだが、
被害者男性と面識はなく、
「人を殺してみたかった」と供述しているという。

現場は日常的に私が歩いている通り。
ひとつ間違えば、自分が刺されていてもおかしくないほど。
犯人が、包丁を購入したというスーパー
(事件現場の前)も 週に1〜2度は利用する。

こんな事件をニュースで見るたびに、
どこかで自分には関係のない出来事のような
感じがしていたが、ここまで身近で起きると
さすがに気持ちが悪い。

被害者の男性(60代)の傷は、
命に別状のない程度ということで良かった。


ニュース映像 1
ニュース映像 2





2015.11.17

相鉄瓦版

仕事で時々、相鉄線の某駅で下車することがある。
その仕事が始まるまで、相鉄線には乗ったことがなかった。
というか、存在も知らなかった。
相鉄は、相模(さがみ)鉄道株式会社の略で、
横浜から海老名と湘南台まで走る私鉄だ。

先月、その駅で下車した際に、駅構内に
「相模瓦版」という小さな小冊子が
置かれていることに気が付いた。
相鉄が配っている、文庫本サイズの無料の小冊子だ。
帰りの電車でヒマつぶしに読んでみようと
何気なく1冊を手に取った。

読んでみると、中々感動的な良い話が載っている。
読み終えた後、家に帰って「ええ話載ってるよ」と
妻にその小冊子をあげた。

彼女は講座をリードしたり、人前で講演したりすることが
仕事なのだが、その小冊子に書かれていた一部を引用し、
何人かに話したらしい。

すると聞いた人達が、その小冊子を欲しいと言い出し、
相鉄線の駅まで、もらいに行く人まで現れた。

先週土曜日の歌丸師匠の独演会は、
横浜・関内ホールであったため、
妻が相鉄の駅に小冊子をもらいに行きたいと言い出した。
欲しい人にあげるためだ。

それで、帰りに途中下車して、相鉄の横浜駅まで、
まだあるか見にいってみた。
件の「相模瓦版」は、10月1日発行だったので、
もうないんちゃうかと思いながら。

案の定、横浜駅では見当たらない。
せっかくなので、一駅だけ電車に乗ってみることにした。

一駅目、平沼橋は小さな改札口一つの駅で、
やはり、見当たらなかった。

11月も半ばやし、もうないんやろう とあきらめて、
横浜駅に戻った。

「駅員さんに訊いてみる」と、妻が駅員室へ。
何冊か駅員室には、残っていたのだろう。
嬉しそうに1冊だけ持って出てきた。
ひとり1冊と決められているようだ。

その後、妻の仕事の相棒が、
デジタル版で読めることを発見。
ああ、21世紀。

この号には、「芸術の紙 到来」というタイトルで
紙に関わる3人の方の話が掲載されている。
建築家・デザイナー 寺田尚樹氏、
演出家・折り紙作家 西田シャトナー氏、
そして、紙切り芸人・林家正楽氏。

特に 西田シャトナー氏と林家正楽氏 の記事が、
深くて良いです。
たぶん、若い頃に読んでもこの良さは、
分からなかっただろうけど、
思いのほか グッときてしもた。

興味のある方は、ここで読めます。

相鉄瓦版

たぶん、近日中にここは、最新号に更新されるだろうから、
更新されていたら、「バックナンバー」から第231号を
開いてください。
毎月発行というわけでは なさそうなので、
11月1日に更新されなかったということは、
今月いっぱいは変わらないと思うけど。

ちなみに、紙きりの 林家正楽氏 の芸は、
昨年11月、春風亭一之輔 独演会 で観たことがある。
その日のエントリーには、こう記してある。

地味な演芸のようだが、
芸自体はホントに素晴しい。
作品が出来上がるたびに会場からは、
「おおぉぉ〜」 という声がもれる。
下書きもなく、ハサミだけを使って
あれだけのものを数分のうちに切るのは、
芸術だと思う。
あんなもん、練習で身につくものではないだろう。


「相模瓦版」の記事を読んで、大人が「おおぉぉ〜」 と
声を出してしまうほどの芸であることの
根っこが分かったような気がする。





2015.12.15

東京オリンピック中止のお知らせ

凄い件名のメールが届いた。
「東京オリンピック中止のお知らせ」。
もちろんスパムメールだ。
差出人は、私自身のアドレスになっている。

本文は、
「【公式】朝日新聞一面記事 (JPEG / 2.7MB) 」
とだけあり、リンクが張られている。

何も考えずにぼぉ〜っとしてたら、
思わずクリックしていしまいそうや。
せえへんけど。

朝日新聞も迷惑な話でしょね。
クリックすると一体何が出てくるのか、
見てみたい気もするが、面倒なことになるのは
嫌なので、そのメールは迷わずごみ箱行き。

それにしてもどんな奴がこんなことしてんのかなぁ。
ヒマなんやろなぁ。
それとも、クリックするとなんか請求される
詐欺で、これ、お仕事として送ってはんのかなぁ。
やめて欲しいなぁ。





2016.2.22

私達を幸福で健康にするもの

面白い、興味深い、スピーチを発見した。
心理学者のロバート・ウォールディンガーという人の
研究結果のスピーチだ。

75年にわたり、724人の男性を追跡調査した結果が、
大変興味深い。
「そのこと」が幸福感だけではなく、
健康にまで影響があるというのは、
そう言われてみればそんな感じはするけど、
こうやって、75年にわたるデータを基に
科学者に言われると、説得力がある。

さて、その「私達を幸福で健康にするもの」とは?
  ↓
ロバート・ウォールディンガー:
人生を幸せにするのは何? 最も長期に渡る幸福の研究から

(12分47秒)





2016.3.5

宝くじが当たったら

近所の商店街に宝くじの売店がある。
その前を通った時、横を歩いていた
親子3人組の会話が微笑ましかった。

子供
「宝くじ6億円当たったらどうする?」

「6億円当たったら、セブンイレブンの
ドーナツ買おうか。何個がいい?
2つ買おうか? 食べられる?
もうすぐ7歳だから7つ買おうか。
7つも食べられる?」
子供
「うん。朝昼晩に分けて食べるから
大丈夫。」

その間、口を挟まない母親も良い。

にしても、6億円当たってドーナツかい!




ああ勘違い
Tax haven


先日、偶然目にして(えっ?そうやったん)と
初めて知った。

「タックス・へヴン」という言葉を聞いたことが
あると思うが、私は勝手に
「税金天国」と解釈していた。
ケイマン諸島など税金が安い、
あるいは かからない地域のことだ。

初めて知ったというのは、
「タックス・へヴン(tax heaven)」というのは間違いで、
正しくは「タックス・ヘイブン(tax haven)」だということ。

「heaven」が確かに「天国・楽園」だが、
「haven」は「避難所」の意味。

これは、誤解している日本人が多いらしい。
税金がかからないので天国みたい、と
辻褄が合っているので
誤解する日本人が多いのもうなずける。

ちなみに日本語では、
租税回避地(そぜいかいひち)と
言われたりするようだ。





2016.3.8

レイ・トムリンソン

今まで考えたこともなかった。
Eメールを誰が考え出したかなんて。

米国のレイ・トムリンソン(Ray Tomlinson)と
いう人が、1971年にコンピューター同士で
直接メッセージをやり取りする仕組みを発明した。

興味深いのは、ユーザーとホストとを区別するために、
メールアドレスに「@」を使ったこと。
そのことについて、トムリンソンはこう答えている。

キーボードを見ながら考えた。
『ユーザー名と混同しないものは何か?』
もしみんなが名前に『@』を使っていたら
うまくいかなかっただろう。
しかしそうではなかった。
カンマやスラッシュや角カッコを使っていた。
残る3つか4つの文字の中で、『@』がいちばん意味をなした。
ユーザーがどこにいるか [at]を表わすから。


こちらの記事より。

そのトムリンソンが、5日死去した。
享年74歳。

合掌。

今では世界で何億人もの人が Eメールを利用している。
SNS の普及で 若者間では、
Eメールは減っているという記述も読んだが、
それだって、Eメールの延長線上に発展してきたものだろう。

日ごろ、意識せず使っているもの一つ一つに
それを発明した「人」がいて、
それぞれのストーリーがあるのだなと、
改めて思ったのでした。





2016.4.11

クリエイティブの反対

興味深い記事を読んだ。
その中のアドビシステムズ、クリティビティ担当
バイスプレジデントのマーク・ランドールの言葉がこれ。

クリエイティブ(創造性があること)の反対は、
ボールド(退屈)という人もいるが、
僕は、「フィア(恐れること)」だと思っている。
失敗することを恐れれば、
クリエイティブなアイデアは生まれない。
そういう意味で、
「恐れ」はクリエイティブの最大の敵です。


【アドビは社員に「失敗してこい」と1000ドル渡す】より


確かに。
恐れは創造の最大の敵だ。





2016.4.15

九州で地震

昨夜、テレビを観ていたら、
突然番組が地震速報に切り替わった。
熊本で震度7の地震があったのだ。

叔母夫婦の住む宮崎も揺れたらしいが、
家の中の物が落ちるほどではなかったらしい。

当初流れた、熊本市内の繁華街の映像では、
それほど大した被害があるようには、
思えなかったが、一夜明けて、
死者は9人、避難者は4万人を超えた。

倒壊した家屋に閉じ込められた赤ちゃんが
救出される一方で、けが人、交通、停電、
家屋の倒壊など、被害は明らかになるほど
大きくなっていった。
現在は、避難者の数は7千人ほどに
落ち着いたようだ。

昨夜、テレビの速報を観ている時の
言葉にできないあの感情は、何だったのだろう。
もう観たくない、というか、
やめて欲しい、というか(報道をではないよ)、
しんどい、というか、
直視したくない感じ、とでも言おうか。
その自分の内面の反応に戸惑った。

何か5年前の震災のショックが
心の中にあるのだろうか。
現地の人々は、そんなこと言っていられない
状況なのに。

震度7って、気象庁が震度7を新設した1949年以降、
阪神大震災(1995年)、新潟県中越地震(2004年)、
東日本大震災(2011年)に続いて、4回目だという。
それだけでも、地震の大きさが分かる。

現地で被害に遭われた方々には、
心よりお見舞い申し上げます。

そして、
今一度、首都圏大地震の備えもしておかねば。





2016.4.17

水からの伝言

15年以上前になると思うが、『水からの伝言』という
写真集を買った覚えがある。
江本勝という人が著者で、水を入れた容器に
「ありがとう」など きれいな言葉と
「バカ」や「死ね」など汚い言葉を書いた紙を貼り、
それらの水を結晶化させた写真や、
クラシック音楽とヘビーメタルを水に聴かせた結果の
水の結晶の写真集だった。

きれいな言葉を貼ったもの、
きれいな音楽を聴かせたものは、
美しい結晶ができ、
汚い言葉のもの、ヘビーメタルのような
音楽のものは、崩れた形の結晶になっていた。

今となっては、言葉自体には「きれい」も「きたない」も
ないと思うし、本書のネット・レビューにあった
「『SHINE』と書いたらどうなるんですか」という
指摘も興味深い。
「SHINE」は英語だと「光」だが、
ローマ字読みの日本語では「死ね」だからね。
水は、その言葉の背景も判断するのだろうか。
そうなると、両方の言葉を貼ると
どうなるのかにも興味がわく。

とは言うものの、「言霊」などという言葉があるし、
当時の私は、素直に信じていた。
20代後半から30代の私は、今から思うと
結構スピリチュアルなもの、
ニューエイジなものに惹かれていた。
今では、それらが自分を幸福にするものではないことにも
気づき、そういうものは一通り卒業したような感じだ。

かといって、今でも神秘的なことを
否定する気は全くないし、
世界は不思議と神秘にあふれていると思っている。
基本的に嫌いじゃないのだ。

先日、何かを調べていて、
「水からの伝言」を信じないでください
というサイトに行きついた。
面白そうなので読んでみると、
(へぇ〜、そうなの?なるほど〜)と
思うような内容だった。

他にもあちこちの関連サイトを読んでいると、
問題になっていたのは、その結晶の写真を科学的実験の
結果(科学的ではないようです)だと
信じている人たちがいることであったり、
「水からの伝言」を教育の場で道徳の授業に
使ったということであったり、
「人を見た目で判断しない」と教えている道徳の
授業への矛盾であったり、
「水からの伝言」が波動ビジネスにつながっている
ことであったりと、多岐にわたる。

なぜ、道徳の授業に使うことが問題視されるのかは、
長くなるので書かないので、
興味のある方は、ググってみてください。

「料理を作る時は、美味しくなれ〜と
声をかけています」という人が、
それでも「水からの伝言」を
批判しているのも、人間と科学と神秘の関係を
表わしていて面白いと思う。

私は、野菜や果物にモーツァルトを聴かして
栽培すると美味しくなるとかいうことも、
あってもおかしくないと思っている。

水の結晶の話も全否定する気はない。
というか、それぐらいのロマンはあった方が良いと思う。
でも、科学で証明されていないことを
"さも科学的であるかのように" 教育の現場に
持ち込むことには反対だ。
この辺のさじ加減を間違うと
ややこしいことになるんやと思う。
「江戸しぐさ」の問題にも似てるよな。

本当だというのなら、
科学者が納得するような方法で実験をすれば
良いと思うけど、それはやらない。
やらないので、ニセ科学って言われてしまう。
で、「科学で解明されていることが全てじゃない」という。

ウィキペディアには、
著者の釈明として、このように記載されていた。

江本は『AERA』のインタビューに対して、
『水からの伝言』のことを
「<<ファンタジー>>あるいは<<ポエム>>である」、
即ち 「(科学ではなく)物語である」 と述べた。


え〜っ。
ホンモンやないですって、認めてしもたんかいな。

そして、こう続いている。

ただし物語のリアリティーへの配慮からか、
いずれは証明されるものとして語られており、
事実でないことには触れられない
(物語であるので、証明要素はない)。


「いずれは証明される」か・・・。
なんかちょっと残念。

その江本氏も2014年に亡くなっていた。





2016.4.18

地震被害拡大

4月14日の夜に九州・熊本地方で地震があった。
翌15日、そのことを書いたが、その夜にも
大きな地震があり、被害は大きく拡大した。

今日の時点で、死者は41人なり、
とにかく被害は大きくなった。
余震は今日も続いており、
今夜も熊本で震度5強の余震があった。

これ以上、被害が拡がらないことを
祈るだけです。





2016.4.18

イチロー

現在、マイアミ・マーリンズに所属するイチロー。
野球に詳しくない、普段 野球を観ない私でも、
日本人として彼のことは気になる。

マリナーズ時代に比べ、報道もやや地味になった感が
あるのは否めないが、プロ野球選手の
平均引退年齢が、29歳と言われる中、
42歳でメジャーで活躍しているのは、
凄いことだ。
42歳というのは、メジャーの野手としては、
現在最高齢だという。

今年、メジャーでの 3000本安打が
注目されるイチロー。

メジャーでの安打数は、2937本で、
日米通算では、4215本(4月13日現在)。

メジャーの通算安打記録1位が、
ピート・ローズという人で、4256本なので、
日米通算で考えると、それに迫る数字になる。

記録が重要ではないかもしれないけど、
3000本安打は、達成してほしいな。
そうすると日米通算で、ピート・ローズの
記録を上回ることになる。

YouTube でイチロー関連の動画を観ていて、
2012年にマリナーズからヤンキースに移籍後の
「マリナーズ VS ヤンキーズ」の動画を発見。

これ。

ヤンキーズのユニフォームを着たイチローに
マリナーズのファンが、声援を送る。
どれだけマリナーズのファンに彼が愛されていたかが
よく分かる泣ける動画です。
その声援の大きさに、ちょっと半泣きにも見えるイチロー。
それでも、ヒットを打つあたりがやっぱり凄い。





2016.4.30

イチロー 500盗塁

500盗塁の記録は、メジャー史上38人目で、
500盗塁、2900安打を達成したのは、
わずか 8人だという。

すごい記録だけど、本人のコメントは、
「まあ、特別な感慨はないですけどね。
ずいぶん時間がかかってしまったな、
という印象です」というもの。
これがイチローなんでしょうな。

500盗塁は、現役選手では、最多。
安打の方は、メジャー通算2945安打で、
歴代32位だそうな。
(現役選手では、アレックス・ロドリゲスの
3077本に次いで 2位。)

42歳のイチローはキャンプ中にこう言ったそうな。
「『自分は若手ではない』と言っていない。」

つまり、自分は「若手ではないとは思っていない」ということ。
出来ないことを年のせいにはしないということでしょうな。

私は41〜42歳の頃、ギックリ腰で苦しんでましたよ。
比べるな!





2016.5.29

ヒロシマ

「ヒロシマ」。
カタカナで書くと、漢字とは印象が大きく変わる広島。

先日、アメリカ合衆国大統領が初めて、
広島を訪れた。

そのスピーチにリンクを貼っておこう。
ネット上から消えることがない、
歴史的なスピーチやと思う。

毎日新聞(動画)
NHK NEWS(日本語訳)
産経ニュース(日本語訳)
毎日新聞(日本語訳)
産経ニュース(英語)
毎日新聞(英語)





2016.8.9

の色

今日は暑かったなぁ〜。
東京都心は、37.7度、
山梨県では、39.2度やて。
めちゃくちゃやな。


リオ五輪で日本は、競泳、体操、柔道で
金メダルを取り、盛り上がっております。
我が家では一名、テレビの前で、
大声で応援している人がおります。
彼女、本気です。


今日は71年前、長崎に原爆が投下された日。
夜のニュース番組で、少年の真っ黒に
焼けた遺体が映っていた。
爆心地の温度は、5000度だという学者もいる。
その写真を見たある女性が、
自分の兄ではないかと名乗り出たらしく、
その兄(当時13歳)の写真と黒焦げの遺体の
写真を専門家が鑑定した。
その結果、同一人物である可能性が
あるという結論に至った。
あの日、学校から戻らなかった兄の
最後の姿を見た女性の
「最後が分かって安心した」という言葉が
悲しすぎる。


昨日のニュースでは、女優の榮倉奈々と
俳優の賀来賢人の結婚を伝えていた。
そのニュースの終わりにアナウンサーは、
こう言った。
「榮倉さんは、妊娠はしておらず、
挙式披露宴は未定です。」

「妊娠しておらず」って・・・・。


最後に。
イチローがついに大リーグ通算3千安打を達成した。
42歳で、日本人初。
大リーグで3千安打を達成した選手の多くは、
20歳前後で大リーグデビューしているらしいが、
イチローは、27歳で大リーグのスタートを切った。
それで、3千本。
おまけに 507盗塁。

3千安打と500盗塁を達成した選手は、
大リーグの100年を超える歴史の中で
イチローを含めて7人だという。

スゴスギマス。

「達成した感想は」と聞かれたイチローの答え。

「ずいぶん年をとったと思うが、
チームメート、ファンの人たちが喜んでくれた。
3千という数字よりも、僕が何かすることで、
僕以外の人たちが喜んでくれることが、
今の僕にとって、何よりも大事なことだと
再認識した瞬間でした。」

こちらの記事から。





2016.9.7

映りまへん

家のコンピューターの調子が悪い。
一昨日の夜、「ひとりごと」を更新しようと
電源を入れると、モニターに何も映らない。
実は、10日ほど前にも同じことが起こった。
その時は、強制的に電源を入れ直したら、
なんとか復旧したのだが、
一昨日は、何度試みても何も映らない。
モニターとPCをつなぐケーブルの抜き差しも
試したがダメだ。
昨日も試してみたがダメだった。

最初、PCの故障だと思ったが、
電源を入れると PC 本体は、
音を立てて動いているようにも見える。
そうなると、モニターの故障か。

出張修理を呼ぶしかないかとも思ったが、
その前に、思いついたことがあった。
会社に使っていないモニターがあるので、
それをつないでみたらどうだろう。
もし、それで映れば、モニターの故障と
いうことになるし、それでも映らなければ、
PC の問題ということだ。

で、今日、そのモニターを持って帰ってきて、
つないで「映りますように」と
祈りながら、PC の電源を入れてみた。

が、何も映らない・・・。
このモニター、もう何年も使ってなかったから、
あかんのかなと、念のため、
妻の Vaio をつないでみると、ちゃんと映る。

そうかぁ、モニターの問題ちゃうかったかぁ、
モニターやったら買い換えたらええと思たけど、
PC の故障となると、ちと面倒やなぁ、
などと思いながら、キーボードを叩いたり、
マウスを動かしてみたり、色々してると、
あらら、映った。
なんやろこれ、接触不良みたいなもんかね。

というわけで、今は見えているのですが、
今夜、電源を切ったあと、次に映るかどうか
分からないので、今度映らなかったら、
いよいよ修理を呼ぶしかないと思てます。
そうなったら、また数日、
「ひとりごと」を更新できないかもしれません。

電源を切らない、という方法もあるけど、
スリープ状態のあと、戻ってくるかどうか
分からんしな。
困ったもんや。





2016.10.13

いよいよ

一ヶ月ほど前、PC のモニターが
映らなくなったと書いた。→ これ。
それから、約ひと月問題なく映っていたのだが、
今朝、同様の症状が起きた。
いよいよあかんかと思い、
ついに出張修理を依頼した。

帰宅して電源を入れてみたが、
やはり何も映らない。
ところが、20ほど経って見てみると
映っとるやないか!
う〜ん、意味分からん。

修理は、頼んでしもたし、
キャンセルしてもキャンセル料が
かかるので、とにかく明日、
診断してもらうことにした。

原因が解消されることを祈って。





2016.10.14

PC 復旧!

PC の電源を入れるも モニターに何も
映らないという症状が、昨日の朝、発生した。
この1カ月半ほどの間に3回目だ。
何度かやり直すと映るので、
対策をせずにきたが、
このままではいつかホントに
映らなくなりそうなので、
昨日の昼間に、ネットで
訪問修理の業者を捜し、今夜の予約をした。

昨夜は、電源を入れてから時間が経つと
映っていたのだが、異常であることには
違いがない。
診断してもらい、解消できることなら
やってもらうことにした。

訪問修理のスタッフには、
今日、19時頃に来てもらった。
診断とトラブル解決作業合わせて、約1時間。
料金は 20,520円だった。

昨日、最初に問い合わせた業者は、
最低でも5万円以上かかるようなことを
言ったので、違う業者を探したのだが、
比較的安くおさまったのではないだろうか。

出張料金   5,400円
診断料金   3,240円
トラブル解決 11,880円
合計     20,520円

原因は、PC本体内の静電気による
接触不良みたいなことを言っていた。
ホコリだらけで、PC 本体の空気穴が
詰まってしまっているような状態で、
一度、繋がっているものを全部はずして、
グラフィック・ボードもはずして、
ホコリをとって繋ぎ直すことで復旧した。
汚かっただけ?
ま、部品交換とか、大げさなことに
ならなくて良かった。

ついでに怪しい表示が出る原因を調べてもらい、
そのアプリケーションのアンインストールに 4,320円。
アンインストールは、私でもできる作業だが
何をアンインストールすればよいのかは
分からない。
だから、そういう専門知識に料金が
かかるということなのだ。

その削除したアプリケーションというのは、
私がキーボードに打ち込んだ文字列を
自動的にどこかへ送っているという気持ちの悪いもの。
その文字列から、私がネットを観ているときに
出てくる広告が選ばれるという。
そんな怪しいものが、なんで私の PC に
入っているのか分からんけど、
何かと一緒にインストールされてしまったのだろうと
いうことだった。





2016.10.18

PC またもや


4日前に2万円かけて修理した私の PC。
今朝、またもやモニターに何も映らないという
事態が起こった。
夜、帰宅後も数回電源を入れ直してみたが
全くダメで、裏側に接続されている、
外付けの HD などを全部抜いてみたり
しているうちに映った。

これ、完全に直ったわけではないっちゅうことや。
参ったなぁ。
こないだの修理の保障範囲で
サポートがあるのかなぁ・・・。

結構ハイスペックな、
このマシーンに買い換えて丸3年。
寿命というにはちょっと早いやろ。
せめてあと2年は使いたいなぁ。

そういうわけなので、この「ひとりごと」が
数日更新されないことがあったら、
とうとうダメになったと思ってください。





2016.11.23

電 髪

「欲しがりません勝つまでは」や
「贅沢は敵だ」という考え方は、
太平洋戦争中、物資が不足し、
戦況が日本にとって厳しくなったので
出てきた言葉だと思っていた。

ちょっと調べてみると
「欲しがりません勝つまでは」は、
昭和17年に「国民決意の標語」というものの
募集があり、その企画で選ばれた言葉らしい。
言葉の通り、戦争に勝つまでは、
何も欲しがらずに戦い抜くぞという
国民の戦意昂揚のための標語であったのだ。

昭和16年12月に太平洋戦争が始まっており、
先の標語は、「大東亜戦争一周年記念」の企画で
あったようだ。

しかし日中戦争は、昭和12年に始まっており、
太平洋戦争突入前も日本は戦争中であったわけで、
資源の乏しい日本にとって、
長く戦争をするのは、厳しかったのだろう。
昭和15年7月に
「奢侈品(しゃしひん)等製造販売制限規則」
というものが発令された。
いわゆる「ぜいたく禁止令」だ。

先日読んだ、笹本恒子さんの
『ライカでショット! 私が歩んだ道と時代』の中に
その当時の話が出てくる。
そこには、「奢侈品等製造販売制限規則」の
発令された昭和15年7月7日、
日中事変三周年記念の日のことが書いてあった。
そして、女性のパーマ(ネント)は、
昭和14年にすでに禁止されていたようなのだが、
このパーマのことを一時、「電髪(でんぱつ)」と
呼んだ、と書いてあった。
当時、カタカナ名の芸能人には改名を余儀なくされ、
商品名や外国の都市名も漢字化された、
その一つであったのだろう。

それにしても、「電髪」という
ネーミングは、強烈ですな。

こういう歴史を知ると、
しみじみ思う。
なによりも平和が一番。

私は、もうパーマをかけることはないけど。





2017.1.24

事務所移転

会社が移転することになった。
私が入社した2005年から約12年、
毎日通った五反田を離れて、恵比寿に行く。

この数日は、引っ越しの準備で
結構大変だった。
明日明後日の2日がかりの引っ越しなのだが、
自宅の引っ越しを含め、
人生でこんなに完璧な引っ越し準備を
したことがないというような準備をした。
それだけで、もう引っ越す前に満足。

いつもは、引っ越し当日、
引越し屋さんが来てもなお、
梱包作業をしているような
状況なのだが、明日は何もしなくて
よいぐらいの準備だ。

引っ越してからの片づけもこれまたハードなので、
満足している場合ではないのだが。

恵比寿は、美味しいお店が多い。
ブラブラ歩いて広尾まで行けば、
これまた美味しいお店がたくさんある。
楽しみだ。

通勤がほんの10〜15分ほど
遠くなるのだが、まあ大したことではない。

そのうち、恵比寿に引っ越しても良い。
ただ、恵比寿はさすがにお家賃が高めです。





2017.1.27

事務所移転 2

ようやく会社の引越し作業が、一段落した。
まだ色んなところへ住所変更届けを出すなど、
手続きすることはいっぱいあるけど。

通勤先が、変わると気分も変わる。
窓から見える景色も違う。
前のオフィスは、広い道路に面していたが、
新しいオフィスは、住宅街にあるので周辺が静かだ。
といっても、1分も歩けば明治通りやけど。

友人に聞いたのだが、
2017年は何かを始めるのに良いらしい。
というのは、2017の数字を全部足すと
2+0+1+7=「10」、
「10」を同様に足すと 1+0=「1」。

このように「1」になる年は、
ものごとを始めるのに良い年だというのだ。
それも、早い方が良いという。

ということで、2017年の1月に
オフィスを新たにしたことは、
縁起が良いことのようだ。
めでたし、めでたし。





2017.2.13

ドメイン更新

このサイトのドメイン「shin223.com」は、
2007年 5月に取得した。
5年ごとに更新するプランを選択しているので、
その更新のお知らせメールが届いた。
つまり、このサイトを始めて、
もうすぐ10年になるのだ。
10年・・・早いなぁ・・・。

「shin223.com」は、
私の名前「しんや」の「shin(しん)」と
苗字の「つつみ」を「223(ツーツーミ)」に
置き換えて作ったもの。

「223」は「ふじさん」とも読めるので、
静岡県の条例で、2月23日は「富士山の日」
定められていたり、富士山グッズを売っている
「223shop(富士山ショップ)」というお店が
あったりする。

「223」は「つつみ」であり、
「ふじさん」でもあるのだ。





2017.5.2

地毛証明書

ニュースの見出しが何の意味か分からなかった。

「地毛証明書」、都立高の6割で
 幼児期の写真を要求も


これは、一昨日の朝日新聞(DIGITAL)の
一つのニュースの見出し。
「地毛証明書」?
なんじゃそれは。

記事にはこうある。

東京の都立高校の約6割が、生徒が毛の毛を染めたり
パーマをかけたりしていないか、生まれつきの
髪かを見分けるために、一部の生徒から入学時に
「地毛証明書」を提出させていることがわかった。


生まれつきなのに
「パーマをかけているだろう」
「髪の毛を染めているだろう」という
勘違いの指導を防ぐ狙いがあるらしい。

見出しの「都立高の6割」というのは、
6割の生徒が地毛証明書を提出したという
意味ではなく、都立高のやく6割(57%)が
地毛証明書がその学校にあると答えたという意味だ。
そのうち、少なくとも19校は、幼児や
中学生の時の髪の毛が分かる写真も求めていたらしい。

ちょっと不思議な感じがした。
私は大阪府立の高校に通っていた。
約40年前の話だ。
私の通う高校には男子で毛を染めている者は
いなかったけど、女子生徒の中には少数いた。
もしかしたら、本人は注意を受けたのかも
しれないが、そのことが問題に
なっていたような記憶はない。

私は、人生で一度だけパーマをかけたことがある。
それは高校3年生のときで、
仲の良い友人たち5人で一斉にパーマをかけた。
その時も、指導を受けた覚えはない。

ちなみのその頃、大阪市内の高校では私服を
採用していたところも少なくなかったが、
私の母校は制服着用だった。

時代は変わり、今のティーンエイジャーの方が、
気軽に毛を染めたり、パーマをあてたり
するように思うのだが、
学校側が、「地毛証明書」なるものを
提出させていることが、
なんとなく時代にそぐわないような気がするのは、
私が教育現場を知らないからだろうか。

染髪したりパーマをあてたりするのは、
「非行の入り口」というような
観点からの対策なのだろうかと
推測したが、それだけではないようだ。
件の記事には、

背景には、生徒とのトラブルを防ぐほか、
私立高との競争が激しく、生活指導を
きちんとしていることを保護者や生徒に
アピールするねらいもある


とある。
「地毛証明書」が生活指導をきちんとしている
証明になるのか・・・。

試しに「地毛証明書」でググってみると、
髪の毛がもともと茶色い生徒が、
先生に「黒く染めてこい」と言われて
困っているという話があった。
これは、先生は信じてくれたけど、
周囲に染めていると思われることが
本人とって不利だから、
「黒く染めろ」と言われたようだ。
先生にすれば、生徒を思っての
アドバイスのつもりかもしれないが、
なんかおかしくないか。

また中には(もともと茶色いという)地毛証明書を
提出しているにも関わらず、
先生に信じてもらえず、
「染めているだろ」と言われ続け、
傷ついている生徒の書き込みもあった。

なんじゃ、それは。
それを生活指導というのか。


そういえば、小学生のころ、
同級生に髪の色が茶色い女の子がいた。
一人だけだったので、目立った。
母に「なんであの子は、毛が茶色いの?」と
訊くと母は
「ワカメや昆布を食べないから」と答えた。

うそやろ。
体質やろ。
今となっては、もしかしたら彼女は、
西洋人とのハーフかクォーターだったのでは
ないかと思う。
目がクリっとしていて、
そういう顔つきだったような気もするもん。





2017.5.15

アニサキス

「アニサキス」。
新しいスポーツ用品のブランド名だ。

うそ。
アニサキスは、魚に寄生する寄生虫。
生のサバ・イワシ・・サンマ・アジなどに
寄生する。
胃袋に入ると胃の内壁に噛みつき、
激しい痛みを引き起こす。

今から8年前、スーパーで買った
サンマの刺身を昼食で食べたところ、
その夜に激しい痛みに襲われた。
翌日、病院で内視鏡検査をしたところ、
一匹のアニサキスの幼虫が、
私の胃壁に噛みついていた。
その痛みは、今までに体験したことの
ない種類で、腹の中にエイリアンがいるのでは
ないかと思ったほどだった。
その日のエントリー

お笑いコンビ「品川庄司」の庄司が、
地方ロケで鮭イクラ丼を食べて、
腹痛を発症し、病院で調べたところ
胃の中になんと8匹もの
アニサキスがいたという。(元記事

一匹でもあんなに激痛だったのに、8匹も?
考えたくもない。
10時間かけて合計8匹のアニサキスを除去。
庄司はトラウマになり、
生の魚介類がNGに なったという。
そらそうやろ。
私も、しばらく生魚を食べる気が
しなかったもん。
それにしても、8匹とは酷い。

アニサキスに当たるのは、一生に一回あるか
ないかだろうと思っていたけど、
そうとも言っていられないようなのだ。
というのも、この10年でアニサキスが
約25倍に増えたという。(元記事

原因は「流通が発達し、魚が生の状態で届くため、
冷凍しなくてよくなった」ということらしい。
生魚はめったに食べないというのなら
リスクは低いが、刺身好き寿司好きは要注意だ。

予防策は「加熱、冷凍、内臓を生で食べない、
目視で確認すること」とあるが、
ものよっては、冷凍しても(あまり温度が
低くないと)死なないと聞いたこともある。

生で食べないのが一番だが、
そういうわけにもいかない。
あとは、目視で発見し取除くか、よく噛むこと。
よ〜く噛めば、口の中でヤツを切り刻んで
殺すことが出来る。
あんまり、イメージしたくないが。

生魚好きの方は、ご注意ください。
シメサバにもいるらしい。
まあ、胃液で死なないぐらいだから、
酢でも死なないんでしょう。

「目視で発見」と書いたけど、刺身の中で
にゅるにゅる動いているのを見たら
もうその日は食欲なくすよね。


ところで。
流通が発達したおかげで、
以前は食べられなかった生魚を、
食べられるようになり、その結果、
アニサキス中毒が増えた。
問題が解決すると新しい問題が生まれると
聞いたことがあるが、全く。
そして、物事には本当に明暗があるのだな。





2017.7.21

私、品はあります

今朝、テレビを点けたら
渦中の上西衆議院議員が生出演していた。
数日前、サッカーのサポーターを批判する
ツイートをして炎上を起こした女性議員だ。

そのツイートの内容は、なんのためにこんなこと
書くのか理解に苦しむものだったが、
今朝のテレビでの発言も(10分も観ていないけど)
首を傾げたくなるものが多かった。

テリー伊藤が政治家に必要なこととして
「未来が見えること」
「数字に強いこと」
そして「品格」と言った。
そして、上西議員に向かって
「品がない」と言った。
そう言われた彼女は こう答えた。
「私、乱暴ですけど 品はありますよ」

上品な乱暴者・・・。
おもろいやないか。

でも、残念ながら自分で自分のことを
「私、上品でしょ」ということほど
下品なことはないと思うのだが、どうだろう。

上品か下品かは、自分が決めることではない。
周りの人が感じることだろう。

その他も あまりにも聞いていられない発言で、
思わずチャンネルを変えたよ。
彼女がどういう人か全く知らないけど、
話を聞きたいと思われないって、
政治家としてどうなんでしょね。





2017.8.27

卒業36年目

大阪へ高校の同窓会に行ってきた。
卒業して36年。
前回の同窓会は2011年だったので6年ぶり。
約90人の同窓生と4人の先生方が参加。
2011年の前は、卒業25年の年、
2006年に開催された。

ほとんどのメンバーが、6年ぶりだったが、
中には前回、前々回に出席しておらず
同窓会初参加の人もいて、
会うのが34〜35年ぶりという人もいたよ。

顔を見ても名札を見ても、
(こんな人おったっけ?)という人から、
あの頃からほとんど変わっていない人、
かなり見た目が変わった人、と様々だが、
一瞬で、あの頃にタイムスリップできる
人間関係は、他では味わえないものがある。

6年前は、同窓会当日に東京へ戻るつもりで
新幹線のチケットも買っていたけど、
楽し過ぎて4次会まで参加したために
帰れなくなってしまった。
今回も、あっという間に時間が過ぎ、
危ないところだったが、
なんとか走って新幹線に間に合うことができた。
話している内容は、くだらないことばかりなのに
どうしてあんなに盛り上がるんだろうな。

どういうわけか、私は乾杯の音頭を
取るよう指名された。
そのことは事前に聞いていたにも関わらず、
気の利いたことが浮かばず、
全く面白くない乾杯の音頭になって
しまったことが悔やまれて仕方がない。
終わってから、あれも言えばよかった
これも言えばよかったと思いついたのだが、
舞台に上がった時は、何にも浮かばなかったのだ。
笑いの一つも取らなかったというのは、
私としては痛恨のミスなのだが、仕方ない。

次回は還暦の年、5年後だ。





2017.8.28

卒業36年目 その2

昨日は、高校の同窓会に行ってきたと書いたが、
これはクラスの会ではなく、学年全体の同窓会だった。
学年全体で8クラスあり、370人ほどの生徒がいた。

4人の先生方が出席されたのだが、
その中の一人、K先生は私の1、2年の担任で
大変にお世話になった恩師だ。

K 先生は、英語の先生だった。
現在80歳だが、英語の本を読むカルチャー教室に通い、
今も勉強を続けているという。

また歴史の先生だった 今年70歳の M先生は、
退職後大学院に行かれて、歴史の勉強を深めたという。

さすがに教師になるような人は、
根っから勉強が好きなのだなと感じ入った。

同級生の中には、教師になったものも多く、
中には小学校の校長を務めた者もいた。

M子の娘は、今その母校に通っており、
2年生だが、担任教師が同級生の O子だという。
前述の K先生のお孫さんも母校の2年生だと
いうので、M子の娘と同級生だ。

以前にも書いたが、医者になり、
私の実家の近所で開業した K君には、
私の両親も姉も診察を受けている。

高校を卒業したとき、18歳だったわけだが、
卒業36年ということは、あの時から2回
高校を卒業するまでの時間を生きたことになる。

長いようで短かった36年、
短いようで長かった36年の間には、
それぞれの人生に様々な出来事があり、
それぞれの人は、複雑に絡み合って
知らないところで結びついている。

それらは、36年前には想像もつかなかった
ようなことばかりで、人生の行方は
人智を越えているのだと思わざるを得ない。

昨日の写真を眺めながら、
もしもクラスが違ったら、
仲良くならなかっただろう
この人たちとの「縁」という
不思議を強く感じた。

今回、同級生の数人が亡くなっていたことを知った。
5年後の同窓会に出席できれば良いが、
これも神のみぞ知るといったところか。





2017.9.9

58年

今日は、両親の結婚記念日。
なんと58周年。

あと2年で60周年だ。
50周年が金婚式というのは、
知っていたが、60周年は、
ダイヤモンド婚式というようだ。
ちなみに65周年は、ブルーサファイア婚式、
70周年は、プラチナ婚式と続く。
なんか、凄いなぁ。





2017.9.11

9-11に思う


2001年9月11日にアメリカ合衆国で発生した
同時多発テロ事件から、今日で16年。

映画館では、事件を題材にした
『ナインイレヴン 運命を分けた日』が
上映されている。
予告編を観たが、あまり観たいとは
思えなかった。
なんか、観るのしんどいもん。

日本では、北朝鮮の核とミサイルのことが
毎日のように報道されている。
テロにしろ戦争にしろ、
人類はいつまで続けるのだろうか。

IS兵士や家族に日本人が含めれているという
ニュースを読んだ。
にわかには信じがたいが、本当なのだろうか。





2017.10.6

迷惑メール

今朝、PCを開けると「Apple からの領収書です」と
いう件名のメールを受信した。

Apple社の iTunes Store で音楽をダウンロード購入すると
数日後に「Apple からの領収書です」という
メールが送られてくるので、昨日、購入した音楽データの
領収書だと思って見てみると、購入した覚えのない
商品名(「モバイル・レジェンド:Bang bang」という
ゲーム)が記載されていた。
金額は、3,600円。

もし、間違って請求されたのなら、
Apple に届ける必要がある。
メールには、
「この購入を承認していない場合は、をご覧ください。
iTunes支払いキャンセルフォーム 」とリンクが
張られている。
「承認していない場合は、をご覧ください」
よく読むと変だ。

これはもしかしたら、フィッシングメールかもしれないと
過去に受信した、Apple からの本物のメールと
見比べてみた。

かなり、似せてあるが、Apple のリンゴマークの
位置がちょっと違っていたり、
正規のメールには、請求先として
私の氏名、住所が記載されているのに
その怪しいメールは、請求先が
「Iphone6s」となっていたり、微妙に違う。
そして、発信元のメールアドレスも違っていた。
偽物と断定して間違いないと思ったが、
念のため「Apple からの領収書です」と入れて
ググってみると、このフィッシングメールに関する
注意喚起の記事がいくつもヒットした。

フィッシングメールとは気付かずに
買った覚えがないので、キャンセルしようと
リンクの張られたニセ Apple サイトに
アカウント情報を入れてしまうとアウトだ。

私は、何度も本物メールを受信していたので
偽物メールに違和感を感じたが、
あまり、見慣れていない人なら疑問を持たずに
クリックし、指示通りにアカウント情報を
入れてしまうかもしれない。

偽サイトにアクセスしようとすると
セキュリティが万全のブラウザでは、
「詐欺Webサイトの警告」が出るようだが、
スマホなど iOS では、そこまで対応が
ついてきていないようで注意が必要だ。

皆さんも気をつけてね。
詳しくは「Apple からの領収書です」で検索を。

また、先日、仕事中に受信したメールには
「請求書」という件名で、添付がされていて
メール本文には「遅くなりました。
ご確認ください」というような文が
記載されており思わず、クリックしそうになった。
これらには、本文に送り主の名前がなく、
不自然さ満載なので、すぐにそれと分かるが、
ぼやっとしていたら、無意識に
クリックしてしまいそうだ。
必ず、誰から送られてきたのか確認し、
心当たりがないメールの添付は開けてはならない。





2017.11.9

クラクション鳴らしますか

高速道路のサービスエリアで
駐車の仕方を注意されたことに
腹を立てたドライバーが、
東名高速道路の追い越し車線で
無理矢理その車を止め、
言い合っているうちに後ろからきた
トラックに追突され、2人が死亡という
痛ましい事故が起きた。
車を止めたドライバーは、
危険運転致死傷罪などで起訴されたが、
車を止めたあとの事故なので、
どうなるかは注目されているところだ。

あの事件以来、道路上のあおり運転や
トラブルについて、スポットを当てた
テレビ番組や記事をいくつか目にした。
例えば「人はハンドルを握ると別人格になる」と
いったものなどだ。

昨日は、こんなニュースも観た。
後ろを走っていた車にハイビームに
されたことに腹を立て、
5キロにわたって あおり運転をしたうえ、
信号待ちで止まった相手の車の
窓ガラスをたたき割り、
車外に引っ張り出して暴力を振るった男が
逮捕された。(事件は9月に発生。)

先日、たまたま観たテレビ番組では、
高速道路で前の車と車間距離を縮め、
明らかにあおっていると見える車が、
追跡する覆面パトカーに止められ、
反則切符を切られていた。
「車間距離不保持違反」という違反だ。
反則金は9,000円で、点数は2点。
信号無視と同等だ。
2009年に施行されたようだが、
こんな違反があることも知らなかった。
追跡するパトカーには、
特殊な計測器が積まれており、
前を走る違反車とその前を走る車との
車間距離を測定するのだ。

私は、自分の反射神経が優れているとは
思えないので、車間距離は 比較的
長めにとる方だ。
高速道路で、
「よくあんな車間距離で走るなあ。
前の車、急ブレーキかけたら
完全に追突するで」と
思うような車間距離で走る車を
時々目撃する。
ところが、自分の前の車間には
敏感だが、後ろに対しては、
ぶつかるのが自分ではないからか、
前との車ほどの注意を払っていない。
ぶつからないけど、ぶつけられるんだから
同様にもう少し注意を払わねばね。

日本人は世界的に見ても
温厚で親切で秩序正しい民族の
ように思うのだが、これがいったん
車で道路に出るとそういうわけでも
ないようだ。
キレる人間が増えているのか、
以前からそうなのかは分からないけど、
なんとなく増えているような気がする。

日本では、青信号になったのに
発車しないでいると、ほんの数秒で
後ろの車にクラクションを鳴らされる。
これは信号が変わったことに
気付いていないドライバーに
「信号が変わりましたよ」と
発車を促すサインと言えるが
解釈を変えれば
「何ノロノロしとんじゃ!
さっさと行け!」という
サインでもある。
その辺は、クラクションの
鳴らし方にも違いがあるだろうし、
鳴らされた側の感じ方の
違いでもあるだろう。

とても興味深い記事を読んだ。
その記事には、アメリカ(西海岸)では、
そういう状況でもクラクションを
鳴らさないと書いてあった。
アメリカ人に訊くと
「鳴らすわけないだろう」と
笑って返されたという。
その理由が「なるほどね〜」と
いうもので大変興味深かった。

記事は、こちら。

あおり運転問題で日本人は欧米に学べることがある





2017.12.8

12月 8日


今日 12月 8日は、76年前、
太平洋戦争のはじまり、
旧日本軍による真珠湾攻撃が行われた日だ。
(音楽ファンにとって12月 8日は、
アントニオ・カルロス・ジョビン、
ジョン・レノンの命日でもあるけど。)

真珠湾攻撃は、日本軍にとって
成功と言われているが、
被害がなかったわけではない。
29機の戦闘機や爆撃機を失い、54名が戦死した。
アメリカ軍は多くの軍艦に被害を受け、
2,345名が戦死、1,347名が負傷。
(ウィキペディアによる。)

日本軍の戦死者の中には、まだ19歳の兵士もいた。
死後、「母上様に先立つは遺憾なれども、
軍人となりしわたしの最大の孝行と信ず」
という遺書が見つかったという。
(元ネタ記事)

今の世の中、19歳でお国のために
死を覚悟する人はいないだろうし、
いなくて良いと思うのだが、
本人も親もどんな気持ちであっただろう。
想像できない。

普段は平和すぎて戦争のことなど
忘れてしまいがちだが、
終戦記念日や原爆の日とともに、
開戦の日も今の平和に感謝し、
世界平和を祈ることを忘れずにいたい。

北朝鮮のミサイルの報道が続く。
金さん、判断、間違わないでね。





2018.4.8

一昨日から、自宅PCのモニターが
映らなくなっていた。
色々試したけど、結局ダメで、
仕方なく、出張修理を依頼した。

サービスマンが来て、電源を入れると、
モニタ―が映るやないか!
なんやそれ。
10回ぐらい試してあかんかったのに。

念のため、いくつかのチェックをしてもらって、
出張費+診断費+作業費=11,960円(税込)。
とほほ。





2018.4.23

55インチ テレビ

最後に買ったのは、
私が東京に出てきた1995年に買った、
小型のブラウン管テレビだった。
その後、ラッキーなことに
32インチと37インチの AQUOS を
(別々の人から)頂く機会があり、
テレビは20年以上買ったことがなかったが、
このたび、20数年ぶりにテレビを買った。

買い換えようと思ったきっかけは、
偶然、目にした大型テレビの、その値段だった。
50インチのテレビが、49,800円。
目を疑った。
つい数年前まで、「0」が1個多かったぞ。
いや、「つい数年前」というのは
言い過ぎかもしれないが、
私には20年近く前の1インチ1万円の
印象が根強く残っていたのだ。
確か、50インチなんてテレビが
出始めた頃には、100万円近くしていた
ような気がする。

使っている、もらい物の AQUOS で、
十分満足していて、何十万円も出して
テレビを買い替える気などなかったけど、
これには心が動いた。

その50インチ 49,800円は、
4K対応の前の型で、
「 maxzen 」という聞いたことのない
メーカーだったが、レビューを見ると
悪くなさそうだ。
調べてみると「 maxzen 」は、
「余計な機能は省き、必要な機能に絞った
家電を創る『ジェネリック家電』メーカー」
と謳っている。
余計な機能は必要ないし、
シビアに画質にウルサイわけではない
私には十分のようだ。

それで、迷ったあげく最新型の
55インチに決めた。
4K対応だ。
といっても、実は4Kが何のことだか
分かっていないのだけど。
55インチ最新型にしても 69,800円(送料込)。

今年に入って引っ越して、
リビングが少し広くなったことも
買い換えの理由のひとつだけど、
ブルーレイを観たいという動機も大きい。
2年半ほど前にブルーレイの
プレイヤーを買ったのに、
自宅のテレビ(2台とも)には、
HDMI というケーブルがつなげず、
ブルーレイをアナログ変換して観るという
情けない状況だった。
アナログ変換して観るブルーレイの画像は、
コピーした VHS で観ているような感じで、
何のためのブルーレイなのか、全く意味不明で、
結局、せっかく買ったブルーレイ・ディスクも
観る気にならないまま、2年半が過ぎていたのだ。

で、週末にそのテレビが届いたのだが、
これが薄くて驚くほど軽い。
使っていた32インチより軽いのだ。
もの凄い、テクノロジーの進歩である。

画像も、十分 許容範囲。
微調整すれば、もっと良くなるかも知れない。
これで、音楽や映画を自宅でも
大迫力で楽しめる。
外付けスピーカーも安くて良いのが
出ているので、この際
買ってしまおうかと検討中。





2018.4.24

観光公害

どんなことにもプラスとマイナスがある。
どちらか片方だけということはけっしてない。
得るものがあれば、
同時に必ず失うものがあるのも然り。

「観光公害」という言葉があるようだ。
昨年は、2869万人の外国人が日本を
訪れたらしいが、良いことばかりではない。

外国人宿泊客が 夜遅く騒いだり、
ゴミ捨てのマナーがないぐらいのことは、
想像出来たけど、この記事を読んで驚いた。

「食堂に入ってきた観光客が
食事中の客の皿に手を入れ、
味見をして「同じものを」と注文したり、
スナックを食べ歩きしながら同じ手で
舞妓(まいこ)さんの着物に触ったりする
出来事も起きています。」


あ〜ぁ、それはあかんなぁ。
舞妓さんで分かる通り、京都での話だ。

その結果、
「老舗の料亭の中には、
HP での多言語表示をやめたり、
電話で相手を探りながら予約客を
決めたりする店が出てきています」

とある。

以前、親切過ぎる日本の案内標識
英語表示について書いたことがある。
観光客を増やそうとしていたことの
つけが「観光公害」という言葉で
表現されるようなこととして、
起き始めているということだろうか。
いずれにしろ、2020年に向けても
これから色んな対策を
講じなければならないのだろうな。
何ごとも明と暗の共存って難しい。





2018.7.6

7人死刑執行


いきなり、ドキッとするような
タイトルを書いてしまった。
オウム真理教による一連の事件で
死刑が確定していた松本智津夫(麻原彰晃)を
含む7人の死刑囚の死刑が今日、執行された。

オウムがらみの事件は、
地下鉄サリン事件、松本サリン事件、
坂本堤弁護士一家殺害事件ぐらいしか
覚えていなかったのだけど、
昼間のニュースで、上川陽子法務大臣が
読み上げる7人の罪状を聞いていて、
そんなにたくさん(13件)酷いことを
したのかと改めてことの重大さを感じた。
サリンの2つの事件だけで、
死者は21人、負傷者は6300人以上だという。

彼らは、重大で深刻な罪を犯したけど、
同じ日に7人もの執行というのは、
過去にはないらしい。
今日は、日本の歴史に残る日だろう。
そう思うと何か書いておかねば、と思うのだが
問題が大きく、深すぎて、
何を書いてよいのか分からない。

いくつかのニュースを読んでいると、
こういうのもあった。

オウム死刑囚「7人執行」で法務省は「何を隠した」のか







ひとりごと